レザーベルト特集!選び方のポイント&ジャンル別におすすめを紹介

Share

シーンに関わらず、日常的に使うことが多いベルト。あらゆるブランドから様々な素材を用いたベルトが展開されているが、大人コーデに相応しい1本を選ぶなら“レザー製”という条件は外せないだろう。そこで今回は「レザーベルト」にフォーカスし、選び方やジャンル別におすすめアイテムを紹介!

スポンサーリンク

レザーベルトの選び方のポイントとは?

レザーベルトの多くはシンプルなデザインゆえ「どれを選んでも同じでは…」なんてお考えの方も少なくないと思うが、実は選ぶうえで注目したいポイントがいくつかある。今まで“なんとなく”で選んでいた方も、この機会にぜひチェックしてみてほしい。

レザーベルトの選び方①「印象を左右するベルト幅をチェック!」

まずチェックしておきたいのがベルトの幅。どれもレザー製ならではの上品さを備えてはいるが、太さによって印象がガラリと変わるためだ。一般的には3~3.5cmがオーソドックスな幅であり、端正な見た目でビズスタイルやキレイめコーデと相性良し。そして、着こなしのカジュアルなムードを増すなら3.5cm以上のレザーベルトが狙い目だ。どんな“服装に合わせたいか”を軸に、レザーベルトを選んでみて欲しい。

レザーベルトを探す

レザーベルトの選び方②「ステッチの有無や色も重要なポイントに」

ステッチ(縫い目)の有無も選ぶうえで重要なファクターだ。パッと見はステッチレスの方が洗練された見た目で幅広いシーンに使えそうだが、実はフォーマルシーンではカジュアル感が強いとされており、TPOをわきまえてないと思われることも。また、レザーと異なる色のステッチを配したものや、ステッチが太めのベルトも同様だ。フォーマルな場やビジネスシーンには、レザーと同色のステッチを細やかに配したデザインのレザーベルトを選ぶのが定石ということも覚えておきたい。

グレンロイヤルのレザーベルトを探す

レザーベルトの選び方③「シューズの色味と合わせるのがお約束」

どんなコーディネートにおいても、ベルトとシューズの色味を統一するのは基本の基。フォーマルな着こなしやビズスタイルであれば尚更だ。そのため、手持ちのシューズをベースに、レザーベルトの色味を選ぶのがセオリーとなる。昨今ではシューズブランドから、名作モデルと同色のベルトも展開されているので、それらをチェックしてみるのもアリだろう。

続いては、レザーベルトのおすすめをジャンル別に紹介!

2/4GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ