知っていたら時計マニア!シリアルナンバーで製造年がわかるロレックスは何年生まれまで?

Share

自分と同じ生まれ年の時計を指す「バースイヤーウォッチ」。高級時計を選ぶひとつのスタイルとして知られている。とりわけ資産価値が高いロレックスは、とある年代までしかシリアルナンバーによっておおよその製造年を識別できないため、特別なバースイヤーウォッチとして購入するコレクターが多く、価値が上がり続けているという。

スポンサーリンク

シリアルナンバーでおおよその製造年がわかるロレックスは2010年まで!

2010年G番以前のロレックスは、シリアルナンバーによっておおよその製造年を識別できると言われている。1988年に製造された個体はR、2000年に製造された個体はPといった具合に、製造年によって振り分けられているシリアルナンバーの頭文字のアルファベットによって識別が可能。今回は特別に、多くのコレクターから支持されている高級時計ショップ「コミット 銀座」が独自の調査によって完成させたというクロノロジーの公開許可を得た。これを参考に、ぜひ自分の誕生年と同じシリアルナンバーを探してみて欲しい。ちなみに、2010年以降はランダム構成になり、シリアルナンバーでの製造年が推測できなくなっている。

シリアルナンバー以外にも製造年を見極める手段はあるが、時計本体に刻まれているシリアルナンバーによっておおよその製造年を識別できるというのは大きなポイント。コミット 銀座は、ヴィンテージ ロレックスの取り扱い経験が豊富な鑑定士が多く在中しているため、気になる方はぜひ相談してみてほしい。

【関連記事】資産価値のある高級時計を所有するなら「コミット 銀座」がはずせない本当の理由とは?

ステータス性や資産価値の高さから、富裕層や時計マニアのみならず、男性全般に人気の...
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する