メンズ アウター【秋に使えるおすすめ6ジャンル】

アウターメンズ

そろそろアウターが必要になってくる季節ですね。「どんなアウターを買うか」悩んでいる方も多いのではないでしょうか?今回は表参道を中心とする東京ストリートにおける観測、有力セレクトショップでのヒアリング、人気ネット通販における売れ筋チェックを通じておすすめの秋〜初冬に使えるメンズアウターを厳選して紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

ステンカラーコート「スーツからオフカジュアルまで活用頻度の高さが魅力!」

ステンカラーコートメンズbeams

BEAMS ステンカラーコート

今季は特にステンカラーコートの勢いを感じます。魅力はなんといっても、スーツからオフのカジュアルスタイルまであわせるアイテムを選ばない汎用性の高さでしょう。昨年までチェスターコートが流行していた分、ショップやブランド側としてもステンカラーコートの押し出しを強めているので選択肢も広めです。定番のコットンベースは、すでに持っている方も多いと思いますので変わり種素材の検討もおすすめです。下の画像のステンカラーコートはポリエステルとナイロンを掛け合わせた独特の表情が魅力です。実は、この素材は高い技術力で世界的に有名な”小松精練”の生地を使用しています。高度な技術を駆使して作られた軽量・超高密・ピーチ起毛。洗いをかけることでさらにこなれ感のある素材感を演出しています。

ステンカラーコートSHIPS

SHIPS ステンカラーコート(デタッチャブル)

チェスターコート「継続人気。キレイめコーデが好きなら複数持ちもアリ!」

チェスターコート冬

BEAMS メルトンチェスターコート

メンズの新定番となったチェスターコート。キレイめの着こなしの多い方なら、素材や色、シルエット違いで2枚目の購入もおすすめです。冬物はウールやカシミア素材、秋物は素材感で遊んでみても良いかもしれません。型崩れを防ぐためにナイロンなど科学繊維が入っているものも多いですが使用環境や肌さわりの好みを考慮の上で賢く選択するのが吉。

すでにウールやカシミア素材のチェスターフィールドを所有しているという方は安易に他のアウターに走る前に、素材で遊ぶという選択肢を検討してみてはいかがでしょうか?下の画像で紹介しているBEAMSのチェスターフィールドコートはフリース製。ぱっと見はメルトン調ですが、メルトンにはない軽さやこなれ感のある素材感が魅力的です。ストレッチもきくので着心地のストレスのない着心地の良さを求める方にも最適です。

チェスターコートメンズ

BEAMS フリースチェスターコート

オイルジャケット「バブアーの存在感。英国発祥の品の良さと野暮ったさが光るスーツにも合う逸品。」

バブアービデイルSL

バブアーBedale SL

ここ数年東京を中心に人気がじわじわ広がっているのが、オイルジャケット。風を通さないので冷たい風の吹く日に特に重宝します。もともとアウトドアアイテムではありますが、英国発祥らしい無骨な男っぽさを感じさせるアイテムでスーツにあわせてもこなれた雰囲気に仕上げることができます。バブアーであれば現代的なスリムシルエットのSLシリーズがおすすめ。上記のビデイルが定番ですが、バイカー用に開発されたインターナショナルもアシンメトリーデザインでCOOL、ジャケパンスタイルにもしっくりきそうです。

バブアーインターナショナルSL

バブアー international SL

ミリタリーコート「トレンドのミリタリーをアピールするならコレ!」

MA-1アルファスリム

MA-1 タイト ALPHA

ご存知の通り、ミリタリーテイストが流行していますのでミリタリーアウターも人気です。MA1を筆頭にM65、モッズコートの代名詞であるM51、高い防寒性を誇るN3Bまでバリエーションも豊富です。オリーブグリーンでミリタリー感強めでいくのも、ブラックなどを選び控えめにするのもあなた次第です!特にMA-1とM65については素材の厚みによって、秋物と冬物に分かれるので所有アイテムが手薄な季節ものから入手するのがオススメです。ちなみに上の画像で紹介しているMA-1は、通常のMA-1の素材やディテールはそのままにトレンド感のある着こなしにフィットするようタイトにデザインされています、ALPHA社製だけあって本格的な仕様も魅力。

BEAMSの各ラインの中でもミリタリーウェアに強いのはビームスプラス。流行には関係なく継続的にミリタリーものをリリースしているので本格仕様の本物を求める男性にイチオシ。下の画像はまさにビームスプラスの強みが発揮されたM65。40デニールのナイロンを染めで仕上げることでコットンライクな風合いと軽さを出しています。着脱可能なダウンライナーは保温性に優れながらフランス産ダックダウンとインサレーションをナイロン素材でサンドイッチ状に入れています。長期間活用できるニクいディテールが魅力ですね。

M65ビームス

BEAMS PLUS M65 3WAY

ショップコート「カジュアルにより過ぎないカジュアルな着こなしに」

ショップコート着こなしメンズ

Lee ツイルショップコート

ショップコートとは、もともとショップ販売員や作業員の制服として使用されてきたワークコートの一種。軍モノやワーク物といった無骨で土臭さを感じさせるショップコートからデパートの販売員が着用していた一般的なステンカラーコートに近いショップコートまでレンジが広さが面白いです。基本的にはコットン製の薄手で秋の着用がメインになってきますが、ステンカラーコートやチェスターコートにはない野暮ったさに着こなしセンスが試されます。

上の画像(Leeのショップコート)にうって変わって、ナノユニバースのショップコートが下の画像です。ナノユニバースらしく野暮ったさを極限まで削り、現代的なデザインに仕上げています。野暮ったさは良くも悪くもショップコートの特徴なのでチョイスが分かれそうですが相反する「着こなしやすさ」と「ショップコートらしさ」、どちらをとるか迷いますね!

ショップコートナノユニバース

ヘリンボーン ショップコート

ライダースジャケット「革の表情がワイルドな色気を演出」

ライダースジャケットメンズ

BEAMS NEW STANDARD (WEB限定)ダブルライダースジャケット

他のアウターにはないワイルドな色気を出すなら定番のライダースジャケット。定番だけあってハイブランドから、バイカー御用達ブランドや本格レザーブランド、セレクトショップオリジナルまで秋冬は特に豊富な商品展開があります。シングルかダブル、革のチョイス、ブランドと選択肢が多く選ぶ楽しさもありますね!関連リンク:レザージャケット メンズ 【本格ブランド10選】

シングルライダースジャケット

UNITED ARROWS シングルライダースジャケット

FOLLOW US

Related post