メンズ眉毛の正しい整え方とは?初心者でも簡単に”モテ眉”が作れる方法を伝授

Share

“眉は顔の額縁”と言われるように、眉毛は顔の印象を大きく左右する大事なパーツ。ボサボサ眉毛を整えるだけで清潔感や垢抜けた印象をプラスでき、相手に好印象を与えられることうけあいだ。しかし、男性の中には、整え方がイマイチ分からなくてそのままにしている…なんて方も少なくないのでは?今回はそんな方に向けて、簡単にモテ眉が作れる整え方をレクチャーしていく。

監修
美容皮膚科医、日本抗加齢医学会専門医 三輪 菜つ美さん

2013年北里大学医学部卒業。東京大学医学部附属病院にて研修終了後、都内クリニックにて内科・皮膚科として勤務。2017年5月から2020年6月まで院長として、都内美容クリニックにて勤務。2020年7月より「LonaLona CLINIC(ロナロナ クリニック)」院長就任。講演、TV、ラジオ、雑誌、webなど幅広く活躍中。

まずは自分の眉毛をチェック!

手入れをする前に、まずは自分の眉毛の形をチェック。自分が目指すべき眉毛の形をしっかりイメージするためにも、整えていない状態の眉毛の形を改めて確認しておきたい。昨今では眉毛を描く男性も増えつつあるが、メンズメイクにおいては“素”を生かすことが大切であるため、アイブロウを描く場合でも眉毛のベースの形は把握しておいて然るべきだろう。

眉毛の状態・形によって与えるは変わる!?

眉毛の形によって、相手に与える印象はさまざま。現在の眉毛を見て、下記いずれかに当てはまるようなら、そこを意識して手入れをするのがおすすめだ。

→清潔感がなく野暮ったい印象

→垢抜けていない印象

→眉毛が下がって見え、暗そうな印象

→バランスが悪く、いなたい印象

→頼りない印象

→幸の薄い印象

メンズにおすすめの眉毛の形は4種類!

自分の眉毛の形を再確認したら、そのベースから作りやすそうな眉毛や自分に似合う眉毛をイメージしていこう。形や太さ、濃さによって印象が異なるため、“周囲からどう見られたいか?”という視点で決めていくのも◎ 下記には、メンズにおすすめの眉毛の形を5つピックアップしたので、ぜひ参考に。

・ワイルドで男らしい印象に仕上がる「濃くて太めの直線的な眉」

・柔和なイメージが漂う「薄めで太めの直線的な眉」

・すっきりシャープな形で目元をはっきり印象付ける「細い長めの眉」

・凛々しさバツグンな「上がり眉」

・穏やかで優しい印象を与える「下がり眉」

 

メンズの理想的な眉毛の形とは?黄金比率をチェック!

自分に似合う眉毛の形をイメージするうえで大事なのが、他パーツとのバランス。眉だけが整っていても目や鼻とのバランスが悪ければ、いなたい印象を与えかねないためだ。そこで押さえておきたいのが、誰でもキレイな眉毛に見える“黄金比率”。眉頭は目頭の真上(緑の線)、眉尻は小鼻と目尻を結んだ延長線上(赤い線)にくるよう整えていくのがオススメだ。さらに眉間(黄色の点線)の毛も処理すれば、すっかり垢抜けた雰囲気に。ちなみに、やりすぎは禁物だが、目頭よりも内側に眉頭があると、目力がアップして精悍さも増す。

メンズの眉毛を整えるために揃えたいアイテムはこの5つ!

自分に似合う眉毛の形がイメージできたら、お手入れに必要な道具を用意しよう。まずマストで必要なのが眉用ハサミ眉用コームアイブロウペンシル。そして、眉シェーバーもしくは毛抜きもあると便利だ。消耗品であるアイブロウペンシル以外は、ほぼ買い替えなくてもいいアイテムなので、ちょっと奮発して初めから良い器具を買い揃えるのもアリだろう。

今回、使用したアイテムはこちら↓

2/3GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する