秋冬コーデの格上げに使える「ウールカシミヤチェスターコート」のおすすめ11選

Share

秋冬コーデの格上げに使える「ウールカシミヤチェスターコート」のおすすめ11選

秋冬のクラシックなドレスコートの代表格といえば、やはりチェスターコート。ウール素材を採用したモデルが市場には溢れているが、高級感や更なる保温性を求めているなら、繊維の宝石と称される“カシミヤ”を混紡したモデルがおすすめ。ウール単体のそれと比べて、肌触りや光沢感に秀でているのに加え、繊維が細いため軽やかに羽織れるというメリットを備えている。今回はそんな「ウールカシミヤチェスターコート」にフォーカスし、値段別におすすめの商品を厳選紹介!

ウールカシミヤチェスターコートを10万円以下でお探しの方におすすめ!手の出しやすいモデルをピックアップ

SHIPS(シップス) ウールカシミヤチェスターコート

日本のセレクトショップ「シップス」より紹介するのは、使い勝手に優れたシンプル顔のチェスターコート。6万円台という手の出しやすい価格ながら、いせ込みやクセ取りといったテーラード技術を踏襲するなど手間がかかっており、ジャケットの上から羽織ってもモタつかずスマートにキマるのが嬉しい。冠婚葬祭からビジネスシーン、オフスタイルまで幅広く使える、まさにオールラウンダーな1着だ。

詳細・購入はこちら

EDIFICE(エディフィス) SUPER140’sウールカシミヤチェスターコート

高品質なSUPER 140’sの細いウールを90%、そしてカシミヤを10%混紡したチェスターコートが「エディフィス」より登場。肌触りが優れているのは言うまでもなく、揺れるたびに美しいドレープを描き、どんなスタイルも格上げしてくれることうけあいだ。また、裏地にはキュプラを用いているので袖通しも良く、5万円台とは思えないクオリティを実現している。

詳細・購入はこちら

TOMORROWLAND(トゥモローランド) ウールカシミヤビーバーチェスターコート

厚手で高級感のあるコートによく見られる、ビーバー仕上げの生地を用いたトゥモローランドの渾身作。ビーバー仕上げの素材は肌触りに優れていることで知られ、そこにカシミヤが加わることで、より一層なめらかで上品な光沢感を放つ仕上がりに。そしてスーツのような立体縫製で作り上げることで、快適な着心地を生んでいる。

詳細・購入はこちら

HUGOBOSS(ヒューゴボス) ウールカシミヤチェスターコート

「ヒューゴボス」はドイツ発のラグジュアリーブランドだが、品質にこだわりつつも手の出しやすい価格のコートを多く取り扱っている。その一つが、こちらのウールカシミヤチェスターコートだ。カシミヤを混紡した生地を微起毛させ、一段とソフトなタッチに仕上げつつ、ウエストをやや絞ることで色気のあるシルエットに形成。そしてミニマルなデザインに仕上げることで、オンからオフまで使えるコートに仕上げた。しかし、ドイツブランドということもあり袖丈が少し長めにとられており、薄手のインナーに合わせると袖が余る恐れがあるので要注意だ。

詳細・購入はこちら

A.P.C.(アーペーセー) Jacques ウールカシミヤチェスターコート

色気と貫禄が漂うピークドラペルを採用し、やや大きめのシルエットに仕立てた「A.P.C.」のチェスターコート。Vゾーンが深めに設計されているため、フロントオープンはもちろん、前ボタンを留めてもインナーが隠れず、ほどよく主張してくれる。こんなコートには明るい色調のスウェットやセーターを合わせて、重見えしないように秋冬コーデを楽しみたい。

詳細・購入はこちら

2/3GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する