オーバーオール メンズ着こなし特集!歴史から注目のコーデまで一挙紹介

Share

ワークウェアを出自とするオーバーオールは、男らしい武骨な印象とポップで親しみやすい雰囲気を同居させたアイテム。着こなしに取り入れているメンズが少ないからこそ、上手にコーデすれば洒落っ気を存分に演出できることうけあいだ。今回はそんな「オーバーオール」にフォーカスし、注目の着こなし&アイテムを紹介!

スポンサーリンク

オーバーオールとは?

オーバーオールとは、胸当てとサスペンダーが付いたパンツのこと。19世紀半ば、ゴールドラッシュの頃に泥まみれになって働くゴールドハンターの要望に応えて誕生したアイテムだ。当時はテントなどに使われる丈夫なキャンバス生地を胸当てに使っていたが、19世紀後半にはLevi’s(リーバイス)によってデニム生地で作られるように。ちなみに、そのオーバーオールをより着用しやすく改良したのがジーンズの始まりだと言われている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Marc Weinreuter(@crap_shootin_sinner)がシェアした投稿

第一次世界大戦までは主に男性や子供向けに作られていたが、女性労働者が増え、女性もオーバーオールを着用するようになったことをきっかけに、ファッショナブルなデザインが徐々に生産されるように。それゆえオーバーオールは性別を問わず親しまれているのだ。そして1990年代には西海岸のラッパーを中心にオーバーオールを取り入れた着こなしが流行し、ファッションアイテムとしての市民権を得ることに。それ以降、ロエベやリミフゥ、ディーゼルといった世界的ブランドがコレクションピースとして発表するようになり、現在でも幅広い人々に親しまれている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tupac Shakur(@2pac)がシェアした投稿

2/6GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ