全身を黒アイテムで固めたメンズコーデにフォーカス!野暮ったくなりがちな着こなしを成功させるコツとは?

Share

今回は全身を黒アイテムでまとめた着こなしにフォーカスし、コーディネートを成功へ導く3つのコツと洒脱な着こなし、大人が取り入れてスタイルアップが期待できるおすすめブラックアイテムを紹介!

スポンサーリンク

全身黒コーデを成功させる3つのコツとは?

黒は年齢、体型、肌の色に関係なく印象を引き締めるためコーディネートに取り入れやすく、全身を単色で統一することでモードな外観やシックなムードを享受できる。一方で抑揚を抑えたワントーンゆえフックが無く、のっぺりとして単調に見えてしまいがちなことも。単純にアイテムを組み合わせるだけで終わらないよう、コーディネート時に気をつけるべきコツとは?

全身黒コーデのコツ①「素材感の異なるアイテムの組み合わせで抑揚をつけオールブラックの単調さを払拭」

オールブラックのワントーンコーデの単調さや物足りなさを誘う均一感を払拭するには、素材(感)の異なるアイテムの組み合わせによって抑揚をつけることが効果的。マットな素材と光沢感のある素材、平面的な生地と立体感のある生地など、素材(感)の異なるアイテムをミックスすれば自ずとオールブラックにも表情が生まれ、メリハリのあるスタイリングが完成する。

全身黒コーデのコツ②「肌見せによる“抜け”を作りキメ感や重見えを回避」

全身黒コーデによってもたらされるキメ感や重見えを回避する有効な手立ての一つが、肌見せによる“抜け”の演出だ。オールブラックによって生まれるスタイリングの緊張感を抜けによって緩和させれば、付与されるこなれた雰囲気がキメ感や重見えを一気に解消してくれる。もちろんブーツ履きやフルレングスのワイドパンツの場合は首元や手首の抜けが有効だが、スニーカー履きや革靴履き、短丈ボトムスの場合には上半身よりもむしろ抜けが際立つ下半身の方が効果的。シューズの素足履きやフットカバーを活用しながらボトムスとシューズの間に抜けを作り、イイ感じにチカラの抜けた大人の余裕を感じさせるスタイリングに仕上げたい。

全身黒コーデのコツ③「チャコールやスミ黒など微妙に色味が異なるアイテムを取り入れて濃淡を作り深みのある着こなしに」

魅力的なシルエットに落とし込めば均一なオールブラックをソリッドにまとめるのが常道だが、濃淡を作り深みのある着こなしを表現するならブラキッシュなアイテムの取り入れもアリ。特にベーシックなアイテムやクセのない定番でコーデを構築する場合には、ブラックに近似のアイテムが奥行きやシブミとなって緊張感を緩和しスタイリングのリアリティを高めてくれる。しかも厳密な黒に縛られるとストイックになり過ぎたりコーデが味気ないものになってしまうため、表現力に幅を持たせて抑揚のある着こなしを狙うのであればブラキッシュなアイテムの取り入れもやぶさかでない。

2/3GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

FASHION

派手色のダウンジャケットはこう着こなす!海外メンズスナップからコーデ事例を紹介

GOODS

コーデュロイパンツをスマートに見せるなら2つのポイントに注目!その選び方とは?

GOODS

上質な英国製のニューバランス「991」スニーカーがもつ6つの特徴とは?

FASHION

冬のジャケパン コーデ事例をピックアップ!季節に合ったテーラードジャケットの選び方は?

FASHION

冬に選ぶべきスーツは?季節に合った素材の選び方と秋冬のコーデ事例を紹介!

GOODS

グッチを代表するホースビットローファー“1953”の魅力とは?

COLUMN

007のジェームズ・ボンドが劇中で着ているスーツのブランドは?【慰めの報酬〜ノー・タイム・トゥ・ダイ編】

FASHION

黒ダウンジャケットのメンズコーデで参考にしたい注目スナップをピックアップ!

FASHION

チノパン コーデ特集!アイテムの歴史・選び方から着こなしのコツ、参考にしたい海外のメンズスナップを一挙紹介

COLUMN

センタークリースが半永久的に取れない加工の名前は?

FASHION

ショート丈のダウンジャケットで冬のメンズコーデにメリハリを!着こなしのコツと事例、おすすめアイテムを凝縮して紹介

FASHION

カーキ コーデ特集!オリーブグリーンとの関係性を踏まえて相性の良い色やメンズの着こなし事例を紹介