スイングトップ 特集!歴史や注目のディテール、おすすめアイテムまで紹介

Share

春ブルゾンの代表格とも言うべきスイングトップ。着こなしに一点投入するだけでスポーツミックススタイルを作れる、今の気分にピッタリのアイテムだ。今回はそんな「スイングトップ」にフォーカスし、特徴やおすすめアイテムを一挙紹介!

スポンサーリンク

スイングトップとは?

スイングトップとはライトアウターの1種で、ショート丈に設計されたゴルフジャンパー型のジャケットのこと。ゴルフシーンにおいて、スイングしやすい上衣(トップ)という意味合いで命名されたアイテムだ。そのため、基本的にナイロンやコットンなど軽量かつ薄手の生地で作られ、動きやすいようにアームホールを広めにとっていたり、ラグランスリーブを採用している。

スイングトップを探す

実はスイングトップとは和製英語であり、日本にてアイビールックを広めたことで知られるVAN(ヴァンヂャケット)の石津謙介氏が名付けたと言われている。そのため日本以外でスイングトップという言葉は通用せず、基本的にハリントンジャケットと呼ぶのが正解。ちなみに元祖のスイングトップ(ハリントンジャケット)は、イギリスブランドBarazuta(バラクータ)の名作である「G9」だ。

バラクータ「G9」を探す

2/3GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する