banner

質実剛健のタフウォッチ特集

デリケートなドレスウォッチもいいが、ビジネススタイルからオフスタイルまでアクティブに動く男性なら、頑丈な腕時計もローテーションに加えるのもまた一興だ。そこで今回は、高い耐久性能や機能美を誇るタフウォッチをピックアップ。海や山などのアウトドアはもちろん、日常使いでもサマになる腕時計を紹介!

スポンサーリンク

SUUNTO(スント)「CORE ALL BLACK(コア・オールブラック)」

1936年創業のスントは、フィンランドにある精密機器メーカーだ。コンパスや計測器の製造で世界的に有名になり、1990年代以降は多機能型腕時計の分野でも成功を収めている。人気シリーズのコアは、高度計、気圧計、コンパス、天気情報などあらゆる機能を搭載。アウトドアウォッチの受賞歴もある本物志向のタフウォッチだ。丈夫な構造や多彩なアウトドア機能はもちろん、力強くもシンプルなデザインも魅力的。

詳細・購入はこちら

SUUNTO(スント)「Kailash Carbon(カイラス・カーボン)」

スントのカイラスは、世界中を旅するデジタルノマドのためにデザインされたコネクテッドウォッチだ。フィンランドの自社工場で製造し、サファイアクリスタルやグレード5の高純度チタンなど現代で最も優れた強度を誇る素材を使用。スマホの独自アプリと連携することで、世界中どこにいても常に最新情報をキャッチし、旅行やアクティビティに関する詳細をログブックに記録する。着信、メッセージ、プッシュ通知を時計画面で確認することも可能。ケース部分には、グラスファイバーにより強化された複合材料を使用しており、軽量化と剛性強化のため構造面でも最適化されている。

詳細・購入はこちら

VICTORINOX(ビクトリノックス)「I.N.O.X.(イノックス)」

スイスに本拠地を置き、「Original Swiss Army knife(オリジナルスイスアーミーナイフ)」を始めとする様々なマルチツールで知られるビクトリノックス。多機能なナイフやトラベルギアなど、アウトドア好きならこのブランドのロゴを目にしたことがある人も少なくないはずだ。機能性と品質の高さは、腕時計づくりにおいても健在。代表モデルのイノックスは、落下への耐性や水中でも使用など、タフな環境におけるあらゆることに耐えられるよう設計されている。独創的なストラップは、ほどくとアウトドア用のロープとして活用することが可能。

詳細・購入はこちら

VICTORINOX(ビクトリノックス)「Maverick Chronograph(マーベリック・クロノグラフ)」

ビクトリノックスのマーベリック・クロノグラフは、100m防水と逆回転防止ベゼルを備えたダイバーズウォッチ。ステンレススチールのケースと、無反射トリプルコーティングを施したサファイアクリスタルのコンビネーションで驚異の堅牢さを確保している。外周と内周の高さを変え、新しい表面加工を施したことで、彩度が高まり、全体的にダイヤルの表情が明るくなっているのも特徴だ。60秒・30分・12時間計表示のサブダイヤルを備えたクロノグラフで、タキメーターや日付カレンダーなど多くの機能を備える。スペックもさることながら、どんな場面でも常にさりげない気品をたたえていることが最大の魅力。

詳細・購入はこちら

TIMEX(タイメックス)「Weekender Central Park(ウィークエンダー・セントラルパーク)」

アメリカのコネチカット州に本社を置く時計メーカー、タイメックス。1854年の設立以降、現在まで純米国産を貫く唯一のアメリカブランドだ。高級路線に走らず、常に実用性を追求した時計を製造。歴代大統領などアメリカの有名人や政府の要人が度々着用していることで知られている。ウィークエンダーは、そんなタイメックスを象徴するシリーズ。そのなかでもこの「ウィークエンダー・セントラルパーク」は、ミリタリーテイストを残しつつ、上品なクローム仕上げのケースにカラフルなナイロンストラップを採用し、高いファッション性を獲得。さらにブランドの代名詞でもある文字盤全面発光機能”インディグロナイトライト”を搭載した、機能的にも優れたモデルだ。

詳細・購入はこちら

TIMEX(タイメックス)「Waterbury(ウォーターベリー)」

1950〜60年代のビンテージウォッチをインスピレーションにした、タイメックスの創業地の名を冠したウォーターベリーコレクション。頑丈そうなブラックのステンレススチールケースは、その見た目どおり傷がつきにくく、耐衝撃性にも優れている。スモールセコンドと30分積算計、日付カレンダーを搭載。クラシックでありながら汎用性の高いモダンなデザインが男心をくすぐる。ヴィンテージ感のあるレザーストラップも秀逸。

詳細・購入はこちら

SEIKO(セイコー)「PROSPEX ソーラー アラーム クロノグラフ」

言わずと知れた、世界に誇る日本の時計メーカーSEIKOが手がけるタフウォッチ。1969年にクォーツウォッチをリリースし、時計開発に改革をもたらした。PROSPEX(プロスペックス)は、そんなセイコーの技術力が凝縮された、プロ仕様の機能美を誇るシリーズだ。サブダイヤルや大ぶりのインデックスを配した文字盤は、存在感抜群。さらにリューズガードを2箇所に設置したケースは見るからにタフな印象だ。一般的なクォーツウォッチと異なり、ソーラ式のため電池交換が不要な点も嬉しいポイント。

詳細・購入はこちら

SEIKO(セイコー)「PROSPEX DIVER SCUBA Produced by LOWERCASE ソーラークロノグラフダイバーズ SBDL041 SSC293P2」

セイコー独自の外胴プロテクター構造搭載した、初のソーラークロノグラフダイバーズ。1975年に誕生し、高い信頼性とユニークなルックスから、セイコーダイバーズの代名詞となった外胴プロテクター付モデルを起源とするプロフェッショナルシリーズがベースとなっている。数々の著名ブランドのコンサルテーションを務めるLOWERCASEクリエイティブディレクター梶原由景氏の監修により、タウンユース向けにコンパクトにアレンジ。プロ使用の性能と洗練されたデザインが見事に融合した1本となっている。

詳細・購入はこちら

GARMIN(ガーミン)「fenix3 Sapphire multisport training GPS watch Metal Wristband(フェニックス3 サファイア マルチスポーツトレーニングGPSウォッチ メタルリストバンド)」

ガーミンは、アメリカで1989年に設立されたGPSメーカー。自動車用GPSナビゲーションやフィットネス用端末、航空用機器まで幅広い分野で活躍している。フェニックスシリーズは、現在のガーミンが最も幅広く展開する高性能ウォッチだ。スキー、登山、ハイキング、トレイルラン、バイク、スイム、トライアスロンなどあらゆるアクティビティに対応。それらのスポーツ時に、ステップやゴールの記録、さらには距離、消費カロリー、時間、日付、達成率などを表示する。

詳細・購入はこちら

GARMIN(ガーミン)「Tactix GPS Navigator(タクティクス GPSナビゲーター)」

登山用の時計の中でも、A-Altimeter(高度計)、B-Barometer(気圧計)、C-Compass(コンパス)の3つの機能を有しているものをABCウォッチと呼ぶが、ガーミンはABCウォッチの代名詞的存在と言っても大げさではない。タクティクスは、ミリタリー的要素を備えたGPSナビゲーターとABC腕時計の機能を併せ持つモデル。自動校正高度計に気圧計、そして3軸コンパス付きの高感度GPS測位という、トレッキングにおいて必須の機能を完璧に網羅している。さらに出発点に戻せるトラックバック機能も搭載。傷がつきにくく、反射を防ぐ湾曲レンズもタフに使える要素のひとつだ。

詳細・購入はこちら

LUMINOX(ルミノックス)「NAVY SEAL STEEL COLORMARK CHRONOGRAPH 3180SERIES(ネイビー・シールズ スティール カラーマーク クロノグラフ 3180シリーズ) Ref.3182Blackout」

アメリカ・ニュージャージー州で1989年に創業されたルミノックス。ブランド名のラテン語で「明るい夜」という意味を持ち、警察特殊部隊SWATやアメリカ海軍SEAL部隊などにも正式採用されている本格的なミリタリーウォッチを製造している。米軍が全幅の信頼をよせる理由は、”いついかなる状況下であっても時刻の確認ができる視認性の確保”ができるからに他ならない。人気のスティールカラーマークシリーズにクロノグラフを搭載させたこのモデルでは、ケースにステンレススティール素材を採用することにより、全体に重厚感が増し、カジュアルさの中にも大人の男らしい印象を演出。さらにルミノックスの代名詞でもある自己発光システム「ルミノックス・ライト・テクノロジー」によって抜群の視認性を確保。カジュアルからフォーマルまであらゆるシーンに合わせられるのも魅力だ。

詳細・購入はこちら

NIXON(ニクソン)「The Tangent(ザ タンジェント)」

アメリカのカリフォルニア州エンシニータスにある腕時計メーカー、ニクソン。サーフ、スケート、スノーの3Sスポーツをする人達のために1998年秋に10ヶ国以上のボードショップで販売をスタートしたのが始まりだ。Tangentは、機械加工のカスタムステンレススチールをケース素材に採用した耐久性抜群のモデル。200mの防水性能と独創的なサブダイヤルのデザインも魅力的だ。手の甲への負担を考慮してリューズを左側に配置した仕様もタフウォッチとして相応しい。

詳細・購入はこちら

CASIO(カシオ)「PROTREK(プロトレック) トリプルセンサーVer.3搭載 ソーラーウォッチ PRG-270-1AJF」

カシオと言えばGショックが有名だが、PROTREKは本格的なアウトドア派から根強い人気を誇っている。独自設計のソーラー充電システム「タフソーラー」を搭載しているのがこのシリーズの特徴だ。さらに新開発「トリプルセンサーVer.3」は、従来のトリプルセンサーモデルに比べ、高度計測は計測間隔を5秒から1秒に短縮、計測単位は5mから1mに向上している。方位計測は、センサーの省電力化により連続計測時間を20秒から60秒に延長。そして、気圧の急降下や急上昇など注目すべき変化があった場合にはアラームで知らせる、気圧傾向インフォメーションアラームを搭載しているという、実用性をとことん追求した1本だ。

詳細・購入はこちら

CASIO(カシオ)「G-SHOCK DW-6900BBN-1JF」

タフウォッチの王道とも言えるG-SHOCKをブラックのワントーンで仕上げ、クロスバンドを採用したMilitary Black(ミリタリーブラック)モデル。ベースモデルには、多くのコラボレーションモデルにも採用されるDW-6900を採用しつつ、シックなカラーリングにより精悍で力強いミリタリーデザインに仕上げられている。バンドには、通常のナイロン生地よりも強度に優れるINVISTA(インビスタ)社の「CORDURA」ファブリックを採用。もはや説明不要のタフネスに加え、カジュアルファッションシーンでも活躍が期待できる完成度の高い逸品。

詳細・購入はこちら

POLAR(ポラール)「A360」

創業から間もない1982年に、世界初の着用式無線心拍数モニターを発表し、アスリートのトレーニングのあり方を変えたポラール。その系譜は、近年のウォッチ開発においても着実に受け継がれている。A360は、トレーニングを支援するためのあらゆる機能を備えた1本。心拍計測に加え、カロリーの記録や睡眠分析機能など、本格的なトレーニングとしての用途だけでなく日常生活を豊かにするための機能が詰まっている。

詳細・購入はこちら

LAD WEATHER(ラドウェザー)「SENSOR MASTER(センサーマスター)」

2009年にアメリカで生まれたアウトドアブランドのラドウェザー。日常のシーンに溶け込んだファッショナブルなデザインセンスで、アウトドアに新たなトレンドを巻き起こしている。独創的な外観のSENSOR MASTERは、ドイツ製のセンサーを搭載。天気予報や高度計、気圧系やデジタルコンパスなど、アクティビティで必要な要素を簡単な操作でサポートしてくれる。

詳細・購入はこちら

この記事を気に入ったら
いいね!してね

今読んだ記事

質実剛健のタフウォッチ特集

Share

Related post