ベスト コーデ特集【春夏編】洒脱な大人メンズのジレパンスタイル&アイテム紹介

1920年〜1940年代に、デニムやショールカラーニットといったカジュアルアイテムと組み合わせるコーディネートが流行・一般化して以来、着こなしの自由度の高さから洒落者がこぞって取り入れている「ベスト/ジレ」。エレガントな雰囲気と男らしさを兼ね備え、春夏のシンプルな装いのドレス度を高めてくれる。今回はそんな春夏の「ベスト/ジレコーデ」にフォーカスし、洒脱な大人のジレパンスタイルとアイテムを紹介!

スポンサーリンク

ベストの呼び名は各国で異なる!

ベスト(英:vest 仏:veste)でほぼ伝わるが、イギリス英語ではウェストコート(waistcoat)、フランスやイタリア語ではジレ(gilet)と言われるなど、国によって呼び名が異なるのは抑えておきたいポイントのひとつだ。ちなみに、アメリカ英語におけるvestは、袖のない衣服全体を指し「シャツの下に着る肌着/タンクトップ」という意味にも使われる。日本で使われる「チョッキ」とは、直着の訛りという説が有力。スーツやジャケットとセット売りされていない単体ベストは「オッドベスト」と呼ぶなど、用途や種類によっても呼び方は様々だ。

次のページでは、注目の春夏ベスト/ジレコーデを紹介!

2/8GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ