TUDORが初めてのブロンズ製ブレスレットモデルを発売!

Share

チューダー(TUDOR)のアイコニックモデル「ブラックベイ フィフティ-エイト」から、ついにブロンズバージョンが登場。アジャスティングシステム付き新型クラスプを備えた、初めてのブロンズ製ブレスレットモデル「ブラックベイ フィフティ-エイト ブロンズ ブティックエディション」が世界約50のチューダーブティック限定で販売中だ。

スポンサーリンク

チューダーが辿ってきたダイバーズウォッチの歴史

チューダーのダイバーズウォッチの歴史は1954年、Ref.7922の登場から始まった。当時100m(330フィート)の防水性能を誇った同機がチューダーのダイバーズウォッチの起源。Ref.7922の登場から約70年の間、チューダーのダイバーズウォッチは堅牢性、信頼性、精度を備えた実用時計という哲学のもとで進化を続け、様々な分野のプロフェッショナルたちや世界中の海軍から支持を得続けてきた。

詳細はこちら

チューダーを代表するアイコニックシリーズ「ブラックベイ」とは?

今回、チューダーのアイコニックシリーズに追加された「ブラックベイ フィフティ-エイト ブロンズ ブティックエディション」は、1969年のカタログに登場したモデルの「スノーフレーク」と呼ばれる時針デザインを採用している。また、1950年代に製造されたチューダーの初期ダイバーズウォッチならではの特徴であるダイアルデザインやプロテクターなしのリューズ、ラグを貫通するラグ穴といった要素も本機の特徴だ。

詳細はこちら

ブロンズならではの変わりゆくケースには、さながらジーンズのような“育てる楽しさ”がある

新しいブラックベイ フィフティ-エイト最大の特徴は、歴史的な船やダイビングの装備から着想を得たブロンズ製のケース。そして、1950年代後半のチューダー ダイバーズウォッチ、特にチューダー初の200m防水を達成した伝説のRef.7924(通称「ビッグクラウン」)に見られる象徴的なプロポーションを採用した、39mmのケースサイズだ。

詳細はこちら

この時計に使用されるアルミニウムとブロンズの高品質合金はまさに「生きた」素材で、かつて海軍の造船工学でプロペラなどの高い耐食性を要する部分に用いられていた。ブロンズは身に着ける者のライフスタイルに応じて、独特で美しいパティーナを生み出す。またこのモデルは、ブロンズ素材全体にサテン仕上げを施すことで均質で美しい経年変化を楽しめる。

チューダーのために作られたオリジナル合金「チューダー・ブロンズ」

ブロンズはステンレススチールとは異なる特性を持つ合金であり、時計のケースとして加工する際に用いられるユニークなクラフツマンシップは唯一無二。「チューダー・ブロンズ」つまりチューダーのために製造されたブロンズとアルミニウムの合金は、バー状に成型されたのち、スラッグと呼ばれる数センチの高さの円柱にカットされる。その後、高温加熱されたスラッグは熱いうちにフリクションプレスで何トンもの加圧を受け、ひとつひとつ型打ちされるのだ。こうして円筒状のローマテリアルが、粗削りであるものの時計のミドルケースへと形を変える。

詳細はこちら

ここからケーシングできる状態のブロンズ製ケースが完成するまでに要する工程は、少なくとも40以上。連続した機械加工を経てフォルムは最終形となり、ケースの機能上必要になるねじ切りや穴開けといった工程や様々な仕上げ、および磨き作業が機械や職人の手によって施されたのち、輝きを放つ外装が生まれる。

ブロンズ巧者のチューダーが新たに挑戦したブロンズブレスレット

「ブラックベイ フィフティ-エイト ブロンズ ブティックエディション」はブロンズウォッチ製造の経験豊富なチューダーが初めて取り組んだ、ブレスレット全体までもがブロンズ製の新しいモデルだ。1950~60年代にかけて作られたチューダーのリベット式ブレスレットを彷彿とさせるサテン仕上げのブレスレットは、ケースと等しいペースでゆっくりとパティーナを生成する。同じくサテン仕上げの新型クラスプはカバーが一新され、サイズ調整を可能にする“T-fit”アジャスティングシステムを装備。工具不要で、着用者自身が8mmの長さを5段階で簡単に調節できるような仕様になっている。

詳細はこちら

シルバーやゴールドとはまた一味違う、ブロンズならではの肌に馴染むような質感が独特の表情を見せてくれる。定番の色味では満足できないという方にも自信を持ってオススメできる一本だ。

詳細はこちら

ファブリックストラップも付属!ブロンズの世界観を崩さずに、よりカジュアルに使いまわせる

チューダーと海軍との深い関わりを語る上で欠かせないファブリックストラップ。かつてチューダーはフランス海軍にブレスレットなしで時計を納品し、隊員たちはハンドメイドのストラップなど、各々がフィットするものを取り付けて使用していたのだとか。チューダーのダイバーズウォッチのアーカイブの中に、しなやかなゴールドの糸を使用したパラシュート素材のストラップを取り付けたものがある。これは実用面で非常に優れており、この「ブラックベイ フィフティ-エイト ブロンズ ブティックエディション」に付属するジャカード織のコンプリメンタリーファブリックストラップの着想源となった。

詳細はこちら

着用姿はオールブロンズのブレスレットよりもカジュアルに。ファブリックバンドの色味はブロンズに寄せたブラウンベースなので、今作の最大の特徴を損なわずにイメージチェンジできる。

詳細はこちら

新作のブロンズモデルには「マニュファクチュール キャリバー MT5400」を搭載

「ブラックベイ フィフティ-エイト ブロンズ ブティックエディション」に搭載されたマニュファクチュール キャリバー MT5400は時針、分針、秒針を備え、他のチューダーのマニュファクチュール キャリバー同様、特徴的な仕上げが施されている。一体鋳造のタングステン製ローターには透かしがあしらわれ、サンドブラスト加工が施されたサテン仕上げに。ブリッジとメインプレートはサンドブラスト仕上げとポリッシュ仕上げで、レーザー加工によりデコレーションが施されている。その他の特筆すべき特徴は約70時間のパワーリザーブ。金曜日の夜に腕時計を外し、土日を空けて月曜日の朝に身に着けても再びゼンマイを巻く必要がない。

【モデル詳細】

「ブラックベイ フィフティ-エイト ブロンズ ブティック エディション」(REFERENCE 79012M)

・ケース
39mm ブロンズ製ケース
厚さ11.9mm、全長48mm
サテン仕上げ
ブロンズカラーPVDコーティングを施したスチール製ケースバック
・ベゼル
ブロンズ製逆回転防止ベゼル
60分目盛り付きマット“ブロンズブラウン”のアルマイト加工ディスク
・りゅうず
ブロンズ製スクリュー式リューズ
チューダーローズのレリーフ
・ダイヤル
“ブロンズブラウン”、ドーム型
・クリスタル
ドーム型サファイアクリスタル
・防水性能
200m(660フィート)
・ブレスレット
ブロンズ製リベットブレスレット
サテン仕上げ
“ブロンズブラウン”ファブリックストラップ(ゴールドカラーのライン入り)/ ブロンズ製バックルが付属
・ムーブメント
マニュファクチュール キャリバー MT5400
両方向回転ローター搭載の機械式自動巻ムーブメント
・プレシジョン
COSCによるスイス公認クロノメーター認定
・パワーリザーブ
約70時間
・ファンクションズ
時針、分針、秒針
秒停止機能による正確な時刻設定
・オシレーター
スクリュー調整式可変慣性テンプ
非磁性素材であるシリコン製バランススプリング
振動回数:28,800/時(4Hz)
・全径
30.3mm
・厚み
5mm
・石数
27石

【ブティック限定モデル販売店】
TUDOR BOUTIQUE GINZA(チューダー ブティック 銀座)
TUDOR BOUTIQUE OSAKA(チューダー ブティック 大阪)
TUDOR BOUTIQUE HIROSHIMA(チューダー ブティック 広島)

チューダー 公式サイトはこちら

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する