気になる青髭を消す方法とは?原因から対策アイテムまで一挙に紹介

Share

ヒゲが濃かったり肌が白いといくら丁寧に剃っても、どうしても目立ってしまう青髭。肌のトーンが暗く見えたり、不潔な印象を与えることもあるため、モテる男を目指すなら青ヒゲ対策は必須と言っても過言ではないだろう。そこで今回は青髭を消す基礎的な方法、テクニック、対策におすすめの製品まで一挙に紹介!

スポンサーリンク

まずは青髭の原因を知るところから!

まずは青髭ができる原因を解説。一つの要因だけでなく、複数の原因が重なってしぶとい青ヒゲになっている可能性もあるので要チェックだ。

青髭の原因①「濃い毛が生えている」

青髭の原因としてもっとも多いのが、毛が太くて濃く、剃っても毛の断面が目立つというもの。髭の濃さは遺伝とホルモンバランスの乱れの2パターンがあり、後者であれば改善することができる。生活習慣の乱れやストレスをなど根本的な部分を解決するだけで男性ホルモンが整うので、まずは日々の生活を意識してほしい。

青髭の原因②「ヒゲの剃り残し」

シェービング後の肌を触り、ざらつきを感じるなら髭が十分に剃れていない証拠。剃った直後のヒゲは断面が広く見え、青い髭に見えやすいので要注意だ。髭剃りはテクニックも必要だが、使用する製品によっては深剃りしにくいモデルもある。手持ちのカミソリやシェーバーの性能・刃質を確認してみよう。

青髭の原因③@皮膚が薄い・色白肌である」

毛が薄い・深剃りしているのに青髭が目立つのであれば、皮膚の薄さや肌色の白さが原因だろう。皮膚が薄いと中のヒゲが透けてしまい、うっすらと青く透過される。色白の男性も髭の色が目立ちやすいので、ヒゲではなく皮膚が原因の可能性が高い。日焼け肌であればヒゲが目立ちにくいが、無理に紫外線を浴びると新たな肌悩みの原因となるため、肌を焼くのはNG。

青髭を消す方法とは?

ここからは青髭を目立たなくしたり、キレイに隠す方法を5つ紹介。基礎的なことから応用的なテクニックまで詳しく解説しているので、青髭に悩むメンズはぜひ取り入れてほしい。

青髭を消す方法①「ヒゲの深剃りはマスト!」

髭が残っているとどうしても青く見えてしまうので、髭の深剃りは欠かせない。深剃りに適した電気シェーバーやカミソリを使用して丁寧に剃っていこう。より深剃りしやすくするコツは、シェービング前に肌を蒸しタオルなどで温めること。肌が柔らかくなることで奥のヒゲまで剃りやすくなり、刃の滑りも良好に。使い方は逆剃りを意識するとよりキレイに剃毛できる。

青髭を消す方法②「コンシーラーで気になる部分をカバー」

コンシーラーとはファンデーションで隠し切れないシミ・ニキビ・クマ・傷跡などをカバーするアイテムのこと。青ヒゲを隠すのにも最適で、気になる部分に塗布すれば肌トーンが均一になる。午後から青ヒゲが目立ち始める男性であれば、コンシーラーを持ち歩いておくと安心だろう。

青髭を消す方法③「ファンデーション・BBクリームで肌全体を整えて美肌へ」

ファンデーションはコンシーラーよりもカバー力が劣るが、広範囲に使用できるのがメリットだ。青髭だけでなく赤みやニキビといった肌荒れを隠すのであればぴったりだろう。よりカバー力を求めるなら、ファンデーションとコンシーラーの効果を持つ「BBクリーム」がおすすめだ。

青髭を消す方法④「脱毛でヒゲのない肌を手に入れよう!」

上記の方法で青髭が改善しないようであれば、脱毛をしてツルリとした肌を手に入れるのも一つの手だ。今後ヒゲを伸ばす予定がない・毎日のヒゲ剃りが面倒だと感じているなら、脱毛を視野に入れると良いだろう。最近では自宅用の脱毛器も多く展開されているので、セルフケアで脱毛するのもおすすめだ。

青髭を消す方法⑤「シェービング後のケアも忘れずに」

髭剃りの後にアフターシェーブローションを使用しているだろうか?シェービング後のスキンケアは肌荒れ防止や肌トーンを均一に整える作用があり、青髭だけでなく肌全体をキレイに見せられる。最近では「抑毛効果」のあるローションも販売されているので、夕方ぐらいから青髭が気になるという方も効果を感じやすいだろう。脱毛効果は得られないが、痛みがなく毛の成長を抑制できるので、青ヒゲ軽減のために活用したい。

2/2GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する