ナイキ エアリフトが人気を集める理由とは?足袋とサンダル、スニーカーを融合したハイブリッドシューズの魅力を紹介

Share

日本の伝統的な履き物“足袋”のように、つま先がスプリットされたデザインがユニークなナイキ「エアリフト」。ケニアの素足ランニングからインスピレーションを受けたこのモデルは、サンダルとスニーカーの良いところを両得したバツグンの履き心地を誇る。今回はそんなナイキ「エアリフト」にフォーカスして、その魅力を紹介!

スポンサーリンク

ナイキ「エアリフト」とは?

ナイキ エアリフト(Air Rift)はナイキが1996年に発表した、足袋のようにつま先にスリットが入ったランニングシューズ。一時的に販売を中止していた時期もあったが、2015年に復活してからは人気モデルとして継続的に発売されている。ひと目でソレと分かる個性的なエアリフトのデザインは、当時マラソンの国際大会で活躍していたケニアの長距離ランナーたちが行っていた素足ランニングから着想を得ており、1996年のオリジナルモデルでは、ケニア国旗のイメージした黒×赤×緑のカラーリングが採用された。サンダルとスニーカーを融合したようなハイブリッドデザインで、通気性が高く軽やかな履き心地が特徴のモデルだ。

詳細・購入はこちら

商品名はケニアのリフト・バレー州にちなんでおり、屈曲しやすいようにデザインされたフォルムは、アフリカ大陸を南北に縦断するグレートリフトバレーと呼ばれる大地溝帯からインスピレーションを受けている。

2/6GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ