テレワークの癒しに!ヨギボーの魅力から代表的なビーズソファーまで一挙に紹介

Share

リモートワークで座ってることが増えて腰が痛い、あるいは生活圏内を心地よくするグッズが欲しいと考えている方におすすめしたいのが「ヨギボー」。“人をダメにするソファー”として話題を集め、若者からお年寄りまで幅広い層から人気を獲得しているビーズクッションだ。今回はそんな「ヨギボー」にフォーカスし、魅力やおすすめの製品を紹介していく。

スポンサーリンク

ヨギボーとは?

「Yogibo(ヨギボー)」とは、2009年にアメリカで誕生したビーズソファーブランド。2014年に日本に上陸するやいなや、快適で動けなくなる魔法のソファーとして様々なTV番組に取り上げられ一躍人気に。体が沈み込むほど柔らかなビーズクッションだが自在に形を変えられ、椅子・ソファー・ベッドの三役をこなしてくれるのも大きな魅力。現在でも老若男女を問わず根強い人気があり、贈り物としても喜ばれる

ヨギボーの製品を見る

ヨギボーのビーズクッションの人をダメにする魅力とは?

ヨギボーの魅力①「圧倒的なフィット感がポイント!やさしく包み込む感触はやみつき必至」

“人をダメにする”と言わしめるほどのフィット性を誇るヨギボーのビーズクッション。普通に座っても、背中から倒れ込んでも瞬時に体がビーズの中に吸い込まれるが如くフィットするのが最大の魅力だ。また、それほどの柔らかさがありながら、ベッドとしても椅子としても使えるのには特殊な織り方で作ったカバーに秘密がある。生地が伸びると硬くなる性質があり、圧力がかかった瞬間にフィットするのだ。それゆえどのように寄りかかっても崩れることがなく安心して使え、邪魔なときには部屋の隅に立てかけたりすることも可能。

ヨギボーの魅力②「クッションの組み合わせがさらなる快適さを生む!」

ヨギボーでは丸型クッションだけでなくU字型やI字型のクッションも展開しており、セット使いすることで快適性を向上させることも可能だ。たとえば、大人が寝転がれるサイズのヨギボーマックスに、背もたれと肘置きになるヨギボーサポートを組み合わせるなど。さらにトレイなども販売しているので、楽な姿勢のまま作業や読書も楽しめる。

ヨギボーの魅力③「サイズの展開が豊富で自分に合ったものが見つかりやすい」

ヨギボーでは現在10種類ものサイズを展開しており、子供用サイズから大人二人がゆったり寝そべられるサイズまで取り揃えている。そのため自分の体型や部屋のサイズに適したものが選びやすいのだ。ちなみにどのサイズに関してもカバーは17色展開となっている。

2/2GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する