おしゃれ部屋のコーディネート術【9の基本】

Share

「衣・食・住」と言われるように「住」は男のライフスタイルにおいて非常に大切な要素。しかし大切な事柄にも関わらず学校では教わらないため、意外に部屋のコーディネートが適当になっているという方も少なくないのでは?今回はおしゃれ部屋をコーディネートするためにおさえておくべき基本的なテクニックを紹介!

スポンサーリンク

おしゃれ部屋のコーディネート術①「部屋のテイストを決める!決めたらブレない!」

まず決めるべきなのは「自分が理想とする部屋のテイストや方向性」。部屋のベースが洋室なのか和室なのかはもちろん、例えば「バリ島をイメージさせるようなリゾート風の部屋」にしたいのか「無機質で都会的なインテリアで統一されたモダンな部屋」にしたいのかでは選ぶべきインテリアが変わってくる。その時々で気に入ったものを買っていると、いつのまにか部屋のテイストがごちゃ混ぜな印象に陥ってしまう可能性大。服の場合は簡単に着替えられるが、インテリアとなるとそう簡単にはいかないため、より明確なイメージを持ち、一旦決めたらブレない姿勢で部屋作りを行うのが重要となってくる。

おしゃれ部屋のコーディネート術②「床と壁の色が基本色と認識する!家具選びはお部屋のベースカラーにリンクするデザインをチョイス」

部屋作りをはじめるにあたって、まずは部屋のベースカラーとアソートカラーをしっかりと理解することが重要。ベースカラーとは部屋のなかで最も大きな面積を占める色、アソートカラーはそれに次いで面積を占める色だ。多くの場合、床と壁(天井)が該当する。基本色に合わせて家具や小物アイテムを揃えれば、統一感のあるセンスの良い印象にまとまりやすい。木材住宅ならブラウンやベージュといった茶色系、コンクリート住宅であればグレーやブラックといったソリッドな色味といった具合に、部屋の色味を把握してからインテリア選びを行うのがグッドだ。戦略的にラグを取り入れて床の色をコントロールしてみるのも有効な選択肢のひとつだ。

2/5GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ