2月は一年で一番寒い?リアルタイムで参考にしたいメンズの服装と春を見据えたアイテム選びも紹介!

Share

春を目前にしながらも寒さ極まる2月。前年の11月頃から着用してきたアイテムをベースに防寒対策を考えながら、インナーなどは春にも着用できるアイテムを新たに購入するのもアリだ。

スポンサーリンク

1月末〜2月の前半は一年でもっとも寒い時期!メンズに最適な服装は?

1月末〜2月前半は日本でもっとも寒いとされるシーズン。それでも少し先の季節には春の陽気が待っているため、真冬の服装をリアルタイムで回しながら春を見据えたアイテム選びもしていきたいところだ。次項ではまず2月に最適な服装例に触れ、実需アウターを紹介!

2月に着るべきメンズアウター①「2月も本命アウターはダウンジャケット!気温がひと桁台の日は最強の防寒性能を持ったアイテムを」

12月頃からすでにヘビロテしているという方も多いであろうダウンジャケット。冷え込みが一番キツくなる2月こそ最適な使いどころと言っても過言ではない。この時期は東京でも最低気温が0度近くなることも多いため、一年のうちでダウンジャケットの最後の見せ場となる。タトラスウールリッチなどのアウターブランドでは人気のダウンジャケットがお得に買えるファイナルセールをやっているため、リアルタイムで少しづつ着つつ来シーズンに本格着用することを考えて今新しく買ってしまうのも賢い選択肢かも?

【関連記事】

バツグンの保温性を誇る冬の定番にして最強のアウター「ダウンジャケット」。かつては...
冬の大本命アウターであるダウンジャケットをクールかつ都会的に着こなすなら“黒”が...
お気に入りのダウンジャケットを手に入れたら、次に気になるのが合わせるアイテム。特...
冬のマストアイテムであるダウンジャケットは、ヘビロテすることを考えて安定感のある...

2月に着るべきメンズアウター②「コートを着るならウールのメルトン素材のものを。インナーも防寒性を重視して!」

2月にコートを着るならウールのメルトン素材で作られたものが必須。さらにインナーにニットや厚手のスウェットトップスを、薄手のインナーダウンを着るのも当然アリだろう。こちらのスナップで着用しているようなロング丈のコートであれば脚まで覆えるため、インナーの充実度によっては体感温度はダウンジャケットよりも上かもしれない。

コートはライナー付きのアイテムであれば今買ってしまうのもアリ!

春に活躍するコートといえばトレンチコート。2月の寒さにはなかなか耐え難いが、ライナー付きのアイテムであれば、今から着始めて春にはライナーを取ってスプリングコートとして着用できる。もし今トレンチコートを探しているのであれば、ライナー付きのアイテムを選ぶと良いだろう。

【関連記事】

冬のシーズンにアウターを探していると何かと目に、耳にする「ライナー」というワード...
オンオフ問わず、羽織るだけで着こなしをエレガントな表情に格上げしてくれる大人顔ア...

2月に着るべきメンズアウター③「春に主戦力として使えるアウターを先取りし、2月はインナーとして着用してみるという選択肢」

デニムジャケットやMA-1などの比較的ライト寄りのジャケットは春服の大本命。そんな春に主力として使えるアイテムを2月はインナーとして着てしまうのも面白い選択肢だ。スタイリングのセオリーからはハズれた着こなし方であるため、周りと差がつくこなれ感を演出できるのもこの合わせの魅力だ。FarfetchSSENSEなどの海外ECサイトでは春の新作アイテムを日本よりも早くゲットできる可能性が高いため、こまめにチェックして2022年SSの新作をいち早く手に入れ、春到来前から最新のスタイリングを楽しんでみてはいかがだろうか?

【関連記事】

“MA-1”といえばミリタリーアウターの大定番。無駄をそぎ落としたミニマルデザイ...
"デニムジャケットのインナー使い"といえば、単調になりがちな冬コーデに遊びをきか...
アメカジやワークのエッセンスをスタイリングに注入し、タフな面構えで男らしさを発信...
2/2GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する