【急募】編集サポートスタッフ募集中!

夏に被るニット帽の選び方とは?おすすめのアイテムを厳選して紹介

Share

比較的シンプルになりがちな夏の装いのモノ足りなさを補うなら、いっそニット帽を取り入れてみてはいかがだろうか。薄着になる夏にあえて取り入れるニット小物の特別感は段違いで、カンタンに周りとの差別化も叶う。今回はそんな夏におすすめのニット帽を紹介。

そもそも夏にニット帽はあり?なし?

結論から言うと「あり」。ただでさえ日本の夏は高温多湿なのに、ニット帽を被るなんて本気?…なんて声も聞こえてきそうだが、実のところ素材にさえ気を配れば暑苦しさは解消されるので問題ナシ。むしろ直射日光から頭を守れるので、体感温度は涼しくなることうけあいだ。また、コーデの季節感を懸念するメンズも多いと思うが、意外と違和感なく馴染むのでチグハグ感の心配もご無用。夏にニット帽を被る人が少ないからこそ醸される洒落感は、いつものコーデをより魅力的にするはずだ。

夏に被るニット帽は、リネンやコットン素材を選ぶべし!

ニットといえばウールやカシミヤといったイメージが強いが、それらは高い保温性を備えているので夏には不向き。熱中症にならないために選ぶべきは、リネンやコットンで作られた、肌触りサラリなニット帽だ。リネンやコットンを用いたニット帽は、ウール製と比較すると薄手で編み目がざっくりとしており、通気性に優れているのが特徴。ゆえに被っていても暑苦しさを感じにくいのだ。

夏向けの素材で作られたニット帽を探す

2/2GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する