Dickies(ディッキーズ)の名作「874」ワークパンツの魅力とは?

Share

2 ページ以降を表示しています。

元のページを表示
Dickies(ディッキーズ)の名作「874」ワークパンツの魅力とは?

2 ページ以降を表示しています。

目次を表示

Dickies(ディッキーズ)「874」が備える5の特徴を紹介!

Dickies(ディッキーズ)「874」の特徴①「ノープリーツの洗練されたストレートシルエット」

ディッキーズ874と言えば、ドンと面が出たノープリーツのウエストフロントから、裾まで真っ直ぐ落ちるストレートシルエットが最大の特徴。ルーズに穿いてクシュっとしたシワ感を楽しむのも良し、ノークッションで綺麗な直線的シルエットを楽しみながら品良きコーデを実現するのも最高にクールだ。

Dickies(ディッキーズ)「874」の特徴②「タフでガシガシ穿ける秘密は”T/Cツイル”の生地にあり!」

874に使われている「T/Cツイル」は、ポリエステル(テトロン)とコットンを混紡した素材。通気性と速乾性に優れ、シワになりにくいポリエステルと、肌触りと質感の良いコットンの両方の特性を兼ね備えているのが特徴だ。ポリエステル65%、コットン35%というディッキーズ王道の配合で、ポリエステルと綿の特性が絶妙に引き出され、表面はなめらかで程良い光沢がある。汚れが付着しづらくシワになりにくいうえ、縮みも軽減。さらに表面には雨や汚れなどから衣服を守る“スコッチガード”が施されているため、天候を問わずガシガシ穿ける。ガシッとした質感の、地厚でタフな仕上がりは、ワークパンツならではの魅力だ。

Dickies「874」を探す

Dickies(ディッキーズ)「874」の特徴③「大人コーデに馴染む“センタークリース”」

センタークリースが施されているのも874の特徴のひとつ。通常のチノパンにはないスラックス的なディティールを備えることで、874にはワークパンツでありながらちょっとしたドレス要素もプラスされている。ダブル仕上げのスラックスのように裾をロールアップするなど、穿き方やコーディネート次第で大人っぽい雰囲気を演出可能だ。

Dickies「874」を探す

Dickies(ディッキーズ)「874」の特徴④「細部にまでこだわった伝統のディティール」

一つひとつのディティールにこだわりを追求しているのも874の魅力。そのひとつがポケットで、サイドポケットは手のひらがすっぽりと収まるほどの深さ。大型のスマホをポケットに入れて走っても落ちることはないであろう安心感のある設計は、地味に重宝するポイントだ。後ろポケットも手がすっぽり入る深さで、ワークパンツとして充分な機能性であることがうかがえる。そして右ヒップポケットの上部に縫いつけられたタグもディッキーズ「874」ならでは。ブランドを象徴するディティールとなっている。

Dickies「874」を探す

ファスナーはYKK製で、真鍮のような鈍い色が独特の味をだしている。つまみやホックにロゴが刻印されている点もこだわりを感じるポイントだ。約4cmもある太めのベルトループも874ならではで、ワークパンツらしいタフネスな要素。

Dickies「874」を探す

ウエストの裏にディッキーズのロゴや’874 Original Fit’と書かれているのもグッとくる。ここ数年では腰裏プリントをあえて見せる“折り返し穿き”が流行。レディースファッションを中心に、世界中のセレブリティやインフルエンサーがSNSでディッキーズ 874の着用コーデをポストしている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Madison Beer(@madisonbeer)がシェアした投稿

Dickies(ディッキーズ)「874」の特徴⑤「豊富なカラーバリエーションでコスパ◎だから色モノにも挑戦しやすい!」

定番のカーキやネイビー、ブラックといったカラーリング以外に鮮やかな攻めのカラーバリエーションも展開しているディッキーズ 874。公式サイトでは2023年4月25日時点で7,700円(税込)とお値打ち感のある価格設定で普段購入しない色味に挑戦しやすいのは嬉しいポイントだ。コストコ、ドンキホーテといったディスカウントストアでは3000円台で購入可能できる場合も。

Dickies「874」を探す

3/3GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ