CAMBER(キャンバー)のTシャツが人気を集めるワケとは?1枚で着てサマになるモデルを厳選

Share

「透けない」「ヘタれない」「ボディラインがでない」といった魅力に加え、洗いざらしでもサマになるヘビーウェイトのTシャツ。そんなタフな製品を昔から手掛けてきたブランドといえばCAMBER(キャンバー)があまりにも有名だ。今回は、そんなキャンバーより展開されているヘビーウェイトのTシャツにフォーカスし、ヘビロテ間違いなしのモデルを紹介していく。

CAMBER(キャンバー)とは?

「CAMBER(キャンバー)」は、アメリカのペンシルバニア州の老舗スポーツウェアメーカーだ。1948年に生地工場としてスタートし、学生スポーツチーム、体育協会等の受注を請け負っていた歴史を持つ。そのノウハウを活かして、1992年に「キャンバー」としてのオリジナルレーベルをスタート。学生向けに作られたということもあり、タフさで知られるアメリカブランドの中でも質実剛健な作りが特徴。肉厚で頑丈なTシャツ、6.5ozサーマルがライニングされた12.5ozのスウェットなど、毎日の着こなしに取り入れやすいシンプルで使い勝手の良いアイテムをラインナップしている。多くのブランドが海外生産に切り替える中、現在も素材・縫製ともにMADE IN USAを貫いているのも魅力のひとつ。幅広いスタイリングにハマるシンプルなデザインと、チョイスの幅を広げるカラバリを展開し、長年に渡ってアメカジフリークをはじめ多くの人々を魅了し続けているブランドだ。

詳細・購入はこちら

キャンバーのTシャツが人気を集めている3の理由とは?

様々なTシャツブランドがある中、なぜ今キャンバーの「Tシャツ」が選ばれているのだろうか。大人が見逃せない人気の理由に迫る。

詳細・購入はこちら

キャンバーのTシャツが人気の理由①「1枚で着てもサマになるヘビーオンス生地!」

Tシャツは通年使えるアイテムだが、とくに夏場は出番が多く、1枚でもサマになるものが欲しいところ。そんな時に頼れるのがキャンバーの肉厚Tシャツだ。一般的なTシャツが4オンス前後なのに対し、キャンバーではその2倍である8オンスのTシャツを展開。そして横方向への伸縮性に優れた天竺生地を採用し、着脱しやすいのもメリット。夏のTシャツ問題である汗染みや、何度も洗濯を繰り返した後のヘタりなどを気にすることなく、長く愛用できるタフさが多くの愛用者を生んでいる理由のひとつ。ちなみに「オンス」とは厚みや密度といった生地スペックを示し、Tシャツを選ぶうえで重要な指標となる単位だ。

詳細・購入はこちら

キャンバーTシャツ人気の理由➁「飽きのこないシルエット」

Tシャツの重要ポイントといえばシルエットもその一つ。いくら素材にこだわったTシャツであろうと、シルエットが良くなければ、日々のワードローブの1軍入りは困難。キャンバーのTシャツは、しっかりとしたリブを備え、ほどよく襟ぐりがタイトでありながらも、ボディは身幅広めのリラックスしたボクシーシルエットを採用。体のラインを拾いにくい、ゆったりとしたサイズ感で、イマドキのスタイルにもぴったりハマりそうなビッグシルエットに仕上がっている。スリーブもそれに合わせて、ゆったりとした幅とほどよい袖丈に設定されており、MADE IN USAらしい王道なシルエットが、コーデにこなれ感をプラスしてくれるのだ。

詳細・購入はこちら

キャンバーTシャツ人気の理由③「好きなアイテムが見つかりやすい豊富なカラバリ&サイズ展開」

生地やシルエットが良いTシャツは、王道のホワイト以外のカラーも揃えたくなるもの。キャンバーのTシャツには、多くのカラバリがあり、ベーシックからアクセントになるカラーまでを取り揃えているのもうれしいところ。さらにサイズ展開も豊富なため、自分にぴったりのTシャツが見つけやすい。シーズンごとでカラーや素材が変更になることがないので、色違いやサイズ違いでゲットしたいと思ったときに自分のタイミングでいつでも買い足せるのも魅力。さらに、近年では通常ラインのカラーに加えて、ショップ別注カラー、後染めを施したものなども展開されており、キャンバーファンは見逃せない特別感のあるモデルもリリースされている。

詳細・購入はこちら

キャンバーのTシャツなら1枚で着てもサマになる!押さえておきたいおすすめモデル6選

キャンバーTシャツの中にもいくつか種類があり、どれを選べば良いか分からないという方も多いはず。今回は押さえておきたいキャンバーのTシャツシリーズ「マックスウェイト」と「ファイネスト」から6つのモデルをピックアップ。自分のスタイルに合う1枚を見つけて、この夏のワードローブに加えてみてほしい。

キャンバーTシャツ おすすめモデル①「キャンバーの代名詞!マックスウェイト半袖ポケットTシャツ #302」

キャンバーの代名詞でもある肉厚な「マックスウェイト」シリーズ。そして定番品として、キャンバーを展開するショップなら必ず置いてあると言っても過言ではないのが「マックスウェイト半袖ポケットTシャツ #302」だ。肉厚な8ozの厚手の生地は洗いこむほどに目がギシッと詰まり、気持ちいい肌触りに仕上がる。洗濯するとポケットまわりの縫い目の間にパッカリングと呼ばれるシワが生まれ、こなれたニュアンスが強くなるのも◎ 首~肩にかけてテーピング補強が施されたタフな作りも見逃せない。シンプルながらもアクセントのきいたイマドキな1枚は、様々なスタイリングに活躍してくれるだろう。キャンバーを初めて着る方におすすめの王道モデルだ。

詳細・購入はこちら

キャンバーTシャツ おすすめモデル➁「シンプルを極めるならマックスウェイト半袖ポケットTシャツ #301」

よりシンプルな肉厚Tシャツが欲しい方には胸ポケットを排除した「マックスウェイト半袖ポケットTシャツ #301」をレコメンド。上で紹介した#302と同様、8ozの生地を使用しており、極々シンプルなデザインのおかげもあって生地感をより一層楽しめる1着に仕上がっている。キャンバーならではのボクシーシルエットでゆったりと着られるシンプルなTシャツは、ヘビロテ間違いなしのアイテムだ

詳細・購入はこちら

キャンバーTシャツ おすすめモデル③「普通のロンTと一味違う!マックスウェイト長袖Tシャツ #305」

#302、#301と同様の8ozを採用したロングスリーブTシャツ。他ブランドではなかなかお目にかかれない“ロンT以上、スウェット未満”といった雰囲気のアイテムだ。新品こそヘビーウェイト生地ゆえのゴワつきを感じるが、着用して洗濯を繰り返すほどにソフトな風合いへと変わっていくなど、育てる楽しみがあるのも男心にグッとくる。

詳細・購入はこちら

キャンバーTシャツ おすすめモデル④「キャンバーの軽め素材を選ぶならファイネスト半袖クルーTシャツ #701」

8ozよりも薄めのキャンバーTシャツが欲しいという方は、キャンバーの隠れた名作「ファイネスト」シリーズがおすすめ。マックスウェイトよりも薄めの6ozを採用し、タフさはそのままにやわらかい着心地を再現。洗っても硬くならずになめらかな質感を残してくれる。首元が詰まったアメリカンライクなデザインと2本針のカバーステッチ、補強テープ、フラットロック処理された裾口&袖先を備えたタフさに加えて、やわらかな風合いで上品さもプラスするアイテム。マックスウェイトシリーズと比べてやや着丈が長いため、縦長効果を生み、スタイリングをスマートに見せてくれるだろう。

詳細・購入はこちら

キャンバーTシャツ おすすめモデル⑤「シーズン通して取り入れられるファイネスト半袖クルーTシャツ #702」

ファイネストシリーズにポケットを加えた1枚。6ozなので、8ozのポケットT#302に比べて、サラッと取り入れやすいのも魅力。ポケットが付いた適度な厚みのモデルは、夏のスタイルに重宝すること間違いなし。ほどよい厚みで、パーカーやスウェットのインナーとしても重宝するので、オールシーズン着回せるのも魅力的なポイントだ。

詳細・購入はこちら

キャンバーTシャツ おすすめモデル⑥「サラッと着こなせるファイネスト長袖Tシャツ #705」

6ozの天竺編みコットンボディのロングスリーブのカットソー。6ozのなめらかな生地感ながらもリブ部分のテンションがハッキリしており、1枚だけでも様になってくれる1枚。つくりもMADE IN USAならではのゆとりのあるシルエットが特徴。8ozよりも軽さがほしいけれど、しっかりとしたつくりのロンTが欲しいときは、キャンバーの6ozモデルを1度チェックしてみてほしい。

詳細・購入はこちら

キャンバーのTシャツで“選ぶべきサイズ感”と“洗濯後の縮み”は?

Tシャツを選ぶのに重要なポイントであるサイズ感。キャンバーのTシャツは、MADE IN USAなだけあり、日本規格のアイテムに比べて、大きめのサイズ感に仕上がっている。そのため、いつも着ているサイズよりワンサイズ下を選ぶのがおすすめだ。シルエットもボックス型のオーバーサイズなので、大きめに着用したい方は、通常通りのサイズもしくはワンサイズ上げるくらいの感覚が◎ 特にマックスウェイトTに関しては、首が詰まったガッシリとしたシルエットなので、多少サイズが大きくてもだらしなく見えないはずだ。

詳細・購入はこちら

Tシャツはどうしても洗濯をかけると縮むが、キャンバーのTシャツは着丈が2~3cmほど縮む程度。もともと着丈が長めなので、さほど気にしなくても良さそうだ。多くのカラバリとサイズを展開しているので、自分に合ったキャンバーTシャツをゲットしてみてはいかがだろうか。

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する