外羽根ストレートチップの革靴特集!ビジネスユースから普段使いまで叶うおすすめ9選

Share

ストレートチップというと内羽根タイプが基本だが、中にはカジュアル使いもしやすい外羽根タイプも存在。堅苦しい印象を与えないので、ほどよく力を抜きたい場合に有効的だ。今回はそんな「外羽根ストレートチップの革靴」にフォーカスし、おすすめを厳選して紹介!

スポンサーリンク

外羽根ストレートチップを選ぶうえで重要なのは色!

最もフォーマルなトゥデザインとされるストレートチップと、軍靴をルーツとするカジュアルな外羽根を組み合わせた“外羽根ストレートチップ”。そんな二面性を持つだけに色味によって印象が大きく変わるため、使用シーンを想定して色から選ぶのが定石だ。たとえば、結婚式などのフォーマルなシーンに履いていくなら黒色を、カジュアルシーンに合わせるなら茶系を選ぶなど。また、どちらの色味もビジネスシーンに履いていけるが、茶系の場合は明るい色味だと会社によってはカジュアル過ぎてNGという場合もあるため注意したい。

外羽根ストレートチップを探す

外羽根ストレートチップおすすめ①「CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ) PEEBLES」

きめ細やかな質感が特徴のカーフレザーを採用した「ピーブルス」。木型はクラシックな印象を持つ「335」を用いており、つま先にボリュームと奥行きを持たせたラウンドトゥで日本人の足型にも合いやすい。底材にコルクを敷いているので、履くほどにコルクが沈み、足裏のフィット感が高まっていく。

詳細・購入はこちら

外羽根ストレートチップおすすめ②「SANDERS(サンダース) DERBY SHOES」

サンダースのミリタリーコレクションより紹介するのは、光沢を抑えたポリッシュドカーフを採用した重厚感ある佇まいの「1128」。英国製のコマンドソールを備えており、長時間の歩行に適しているだけでなく、武骨で男らしい印象を高めるのにも一役買ってくれる。また、グリップ性や耐久性にも優れているので雨の日でも安心して履けるのも◎

詳細・購入はこちら

外羽根ストレートチップおすすめ③「REGAL(リーガル) 50UR」

ポッテリした見た目が特徴的な外羽根タイプのストレートチップシューズ「50UR」。つま先に余裕を持たせたオブリークラストを採用することで、足馴染みの良さを高めているのがポイント。ブラックからキャメルカラー、バーガンディなど揃っているのに加え、2万円代と手の出しやすい価格が嬉しいポイント。

詳細・購入はこちら

2/3GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

GOODS

クラークスの隠れた名作ローカットシューズ「ナタリー」の魅力

FASHION

グレースーツに合わせる靴の選び方とは?色のチョイスを主に、革靴とスニーカーの2カテゴリでポイントを解説!

GOODS

クロケット&ジョーンズの柔らかなアンライニングローファー「リッチモンド」に宿る6つの魅力

GOODS

セバゴのクラフツマンシップが息づく「DOCKSIDES(ドックサイズ)」の魅力とは?

GOODS

3万円台まで!コスパ最強のおすすめビジネスシューズ7選

GOODS

職人の技が光るUチップ、三陽山長「勘三郎」の魅力とは?

FASHION

ローファーを私服に取り入れるなら?学生から社会人まで全ての男性が参考にしたいメンズコーデ事例を紹介!

GOODS

バーウィックのタッセルローファー「8491」はコスパ最強の一足。その魅力とは?

NEWS

ベルルッティが、マストロヤンニとウォーホル2人の伝説的顧客が登場する新たな広告キャンペーン「LIVE ICONIC」を公開

NEWS

日本が誇る高級紳士靴ブランド三陽山長が「匠」シリーズの新作モデル2型をリリース!

COLUMN

ジェームズ・ボンドの愛用品「007 スペクターで着用したクロケット&ジョーンズのダービーシューズはどのモデル?」

FASHION

イマ履きたいレッドウィングのブーツ。5つの定番モデルと海外メンズコーデ事例をピックアップ!