帽子を使ってメンズコーデを一味違った雰囲気に!種類別に注目の着こなし&アイテムを紹介

12ページ以降を表示しています。

元のページを表示

12ページ以降を表示しています。

目次を表示
スポンサーリンク

帽子を使ったメンズコーデ④「ニットキャップ編」

ニットキャップがあればメンズコーデの差別化も思いのまま!

その生地感から秋冬アイテムのイメージが強いニットキャップ。しかし、現在ではコットン製やポリエステル製の通気性に優れたタイプもあり、春夏でも大いに楽しむことが可能だ。ニットならではのマイルドな印象が、着こなしを一味違った雰囲気に導いてくれることうけあい。また、カジュアルからキレイめスタイルまで意外とコーデを選ばないのも嬉しいポイント。色味はもちろんのこと、編み模様や目の細かさでも表情が異なるため、異なるモデルをいくつか揃えておくのもアリだろう。

stone island ストーンアイランド ニット帽 ニットキャップ

ストーンアイランドのニットキャップを探す

ちなみに、ニット生地を採用していればデザインに関わらずニットキャップと呼ぶ。また、ニットキャップ全般を指す言葉として使われることがある“ビーニー”や“ワッチ”は、厳密に言うと細分化したアイテムだ。ビーニーは一般的に折り返しが無く、ブルーカラー労働者の髪をまとめるために着用されていた帽子で、ベースボールキャップの前身と言われている。一方、ワッチは折り返しがあり、海軍兵が見張りの時に着用した帽子で、ウォッチ・キャップ(watch cap)が名前の由来だ。昨今では呼び名についてウヤムヤにされている節があるが、ファッションにこだわりを持っているなら使い分けたい。

ニットキャップの投入でラギッドなコーデに柔らかな雰囲気をプラス!

ウェアアイテムや小物使いでラギッドな雰囲気を出したコーデも、柔和なニットキャップを投入することで好印象な仕上がりに。こんなちょっとしたバランス調整にもニットキャップはうってつけだ。

黒無地のニットキャップ、オリーブグリーン無地のシャツジャケット、白無地のTシャツ、ダークグレー無地のデニム/ジーンズ、黒無地のソックス、黒ローカットのスニーカーを合わせた春夏秋のメンズコーデの着こなし。

ニットキャップは個性的なコーデにも合わせやすい!

ニットキャップは、他の帽子に比べデザインがミニマルなのが特徴的。ゆえに、個性的なコーデに取り入れてもすんなりとフィットする。いくつものドローコードが備えられたユニークなアウターを羽織ったスタイリングにも、違和感なく馴染んでいるのがお分かりいただけるだろう。

ネイビー無地のニットキャップ、ウェリントンの黒無地のサングラス、ノーカラーのネイビー無地のシャツ、白無地のTシャツ、白無地のコットンパンツ、ナイキ エアジョーダン1の白ハイカットのスニーカーを合わせた春秋のメンズコーデの着こなし。

ビーニータイプのニットキャップなら小僧感もなし!大人コーデにも違和感なくフィットする

ニットキャップは小僧感があって敬遠しがち…という諸兄にオススメしたいのが、ビーニータイプのニットキャップ。折り返しが無い分だけ洗練された見た目だから、大人コーデにも難なく取り入れられる。また、凸凹のあるファブリックを採用したモデルが一般的なため、素材感で奥深さを演出したいなんてときにも最適だ。もしニットキャップでお悩み中の方は、ビーニータイプもぜひ検討してみてほしい。

無地のニットキャップ、無地のメガネ、オリーブグリーン無地のフーディ、グレー無地のスラックス、黒ローカットのスニーカーを合わせた秋春のメンズコーデの着こなし。

13/19GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ