スリッポン 革靴 特集!メンズにおすすめのモデルを種類別に紹介

Share

2ページ以降を表示しています。

元のページを表示

2ページ以降を表示しています。

目次を表示
スポンサーリンク

メンズにおすすめのスリッポン革靴①「コインローファー/ペニーローファー編」

ベーシックな一足を求めるなら“コインローファー”が間違いなし!

ローファーの中でも最もベーシックな形で知られる“コインローファー/ペニーローファー”。1934年にアメリカのG.H.Bass社が作った「Weejans(ウィージャンズ)」が元祖とされており、現在に至るまで大きくデザインが変わることなくあらゆるブランドがリリースしている。また、コインローファーやペニーローファーといった名前の由来は、甲部分のサドルに設けられた切れ込みに1セント硬貨(ペニー)を挟んでいたことから。1930年代には2セントで電話がかけられたため、緊急時用に忍ばせていたことを最初の由来とする説や、1950年代のアメリカの学生が1セント硬貨を差し込み、ファッションの主張として取り入れていたのが始まりという説がある。

コインローファー ペニーローファー

ジーエイチバスのコインローファーを探す

アメリカントラッドの定番としての地位を確立したコインローファーは、その後もトラディショナルなファッションとして定着。アメリカや日本ではビジネスシーンでも履かれるようになった。現在ではアメトラのみならず、スタイルを問わず幅広いファッションに取り入れられる革靴として多くの人から愛用されている。

ちなみにコインローファーを検討するなら、オールデン、ジェイエムウエストン、ジーエイチバスチャーチあたりが王道。リーズナブルにいくなら、おなじみリーガルから豊富にデザイン展開されているのでチェックしてみては?

スエード素材のコインローファーで表情豊かに仕上げたピエルイジ・ボリオリ氏のジャケパンコーデ

ザ・ジジのデザイナーを務めるピエルイジ・ボリオリ氏は、スエード素材のコインローファーを取り入れてジャケパンスタイルに表情をつけながら軽やかな雰囲気に。パンツの裾をワンロールし、しっかりとくるぶしを見せることで一段と軽妙に仕上げているのもポイントだ。ちなみに、日本ではスエードシューズ=秋冬のイメージが定着しているが、足あたりもよく快適性に長けているため海外では通年使えるアイテムとして人気がある。

クリア無地のサングラス、ネイビー無地のテーラードジャケット、水色無地のシャツ、ブラウン無地のコットンパンツ、ブラウンコインローファーの革靴を合わせた春秋のメンズコーデの着こなし。

3/7GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ