【急募】編集サポートスタッフ募集中!

メンズメイクの初歩!コンシーラーの基礎知識とおすすめ製品を紹介

Share

ふと気付いたら出来ているニキビやシミ、クマといった肌悩み。それらをピンポイントで隠すならコンシーラーに頼るのが吉だ。ファンデのように全体に塗らないのでメイクをしてる感が出にくく、素肌を生かしながら肌悩みをカバーできる。今回はそんな「コンシーラー」をテーマに、選び方やつけるタイミング、おすすめ製品まで一挙紹介!

そもそもコンシーラーとは?

コンシーラーとは、肌悩みをカバーするためのコスメアイテム。平たく言うと、局所的に使うファンデーションのようなものだ。ニキビ・ニキビ跡・シミ・クマ・青髭などファンデーションだけではカバーしにくい肌悩みを隠すことを目的としている。ファンデーションと比較すると非常にカバー力が強く、肌全体に使うと厚塗り感が出てしまいやすいため、隠したいポイントのみに使うのが定石。また、化粧下地をしたほうが密着度は上がるが、とくに他のベースメイクをせずコンシーラーだけで使用してもOKなので、男性の初めてのメイクとしても取り入れやすいはずだ。

コンシーラーを探す

コンシーラーの使い方!つけるタイミングとは?

基本的なベースメイクの手順は、日焼け止め→化粧下地→ファンデーション→コンシーラー→フェイスパウダーの順。そしてパウダーファンデを使用する場合は、コンシーラーと順番が入れ替わる。しかし、ここまで完璧なメイクをしているメンズは少ないだろう。基本的にコンシーラーはベースメイクの最後と考え、スキンケアの直後や日焼け止めの後など、いつものケアの最後に取り入れよう。

コンシーラーを探す

コンシーラーの種類をチェック!自分に合ったアイテムを見つけよう

コンシーラーには様々な種類があり、それぞれテクスチャーや使い方が異なる。ここからはメンズ向けに展開されている主要なコンシーラーの種類をチェックしていこう。

コンシーラーの種類①「スティックタイプ」

手を汚さずに肌へ塗布できるスティックタイプは、コツが必要ないためメンズメイクにもぴったり。少し硬めのテクスチャーでキープ力が高く、凹凸のあるニキビ・ニキビ跡や青ヒゲが目立つ部分におすすめ。保湿力は劣るので事前のスキンケアを念入りに。

スティックタイプのコンシーラーを探す

コンシーラーの種類②「リキッドタイプ」

サラサラとした液状のコンシーラー。少量でも伸びが良いため、クマ・そばかす・毛穴など広範囲のカバーに向いているアイテムだ。カバー力は控えめな分、ナチュラルな仕上がりでさりげなく清潔感を出したいメンズに◎ 肌に乗せても軽い質感なので「メイクしている感」がないのも特徴だ。

リキッドタイプのコンシーラーを探す

コンシーラーの種類③「クリームタイプ」

スティックとリキッドの中間くらいの質感で、カバー力と伸びの良さの両方を兼ねているクリームタイプ。保湿力の高い商品が多いため、乾燥肌の男性や冬場の使用向き。塗るのに少しテクニックが必要だが、どんな肌悩みにも対応するので1本持っていると便利。メイクに慣れた頃にチャレンジしてみよう。

クリームタイプのコンシーラーを探す

コンシーラーの種類④「ペンシルタイプ」

どのコンシーラーよりも細く、小さなシミ・そばかすなど細やかな部分のカバーに向いているのがペンシルタイプ。鉛筆のような形状で、実際に削って使用するアイテムが多いのが特徴。削る面倒さから近年では需要が減ってきているが、小回りが効くためプロのメイクアップアーティストに愛用者が多い。油分が少ないため、皮脂が出やすくテカリやすい男性にもおすすめ。

ペンシルタイプのコンシーラーを探す

コンシーラーの種類⑤「パレットタイプ」

コスメ好きの間で注目されているのが、1つの製品に2〜4色のコンシーラーが配色されたパレットタイプ。色味や質感の異なるコンシーラーが入っているので、悩みに合わせて最適なカラーを選べる。初めは使い分けが難しいため、上級者向けのアイテムとなっている。

パレットタイプのコンシーラーを探す

2/4GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する