デニムジャケットコーデを夏に実践する上で押さえておきたい5のコツとは?

Share

メンズ定番のライトアウターであるデニムジャケット。秋〜春にかけて着るのが一般的だが、選びとコーデの組み方さえ工夫すれば、夏でも快適なデニムジャケットコーデが実現可能だ。今回はそんなデニジャケコーデを夏に実践する上で押さえておきたい5のコツを紹介していく。

コツ①「デニムジャケットを夏に着るなら薄手のものを!」

デニムジャケットに限った話ではないが、やはり夏に着ることを前提とするなら薄手のものが好ましい。そして、その生地の厚みを見極めるために覚えておきたいのが「オンス(oz)」だ。オンスとは重さを表す単位で、数字が低ければそれだけ密度が低いため通気性が良い傾向にある。一般的なデニムジャケットは10〜15オンスとなっているため、夏用として選ぶなら8オンス前後の、いわゆるライトオンスと呼ばれるタイプを選ぶのがおすすめだ。また、さらに通気性を高めるならば、あえてダメージ加工やリップド加工を施すという手もある。

夏におすすめのデニムジャケット「Carelabel(ケアレーベル) ライトオンス デニムジャケット」

ライトオンスのデニムジャケットを探す

デニムジャケットを探すなら、こちらの記事がおすすめ!

数あるデニムジャケットのなかでも、元祖モデルとしてデニムマニアやファッショニスタ...
デニムジャケットのなかでも、ピッティ ウオモを闊歩するこなれた洒落者が多く取り入...
数あるデニムジャケットの型の中で最もポピュラーな“3rd/4thタイプ”。実用性...
オーバーサイズトレンドは今季も継続中。メンズ定番ウェアであるデニムジャケットも例...

コツ②「デニムジャケット×開襟シャツで開放的かつ夏らしさをムンムンに」

胸元がざっくりと開くような開襟シャツを合わせれば、夏らしさ満天のデニムジャケットコーデに。肌の露出を増やすことで暑苦しく見せないよう配慮しつつ、襟付きデザインによって大人っぽさをキープできるのが、この組み合わせの良いところ。あえて襟をジャケットの外に出せば、着慣れた雰囲気を演出できるのもイイ感じ。

デニジャケに合わせる開襟シャツのおすすめ「PRÉVU(プレヴュ) Marshall オープンカラーシャツ」

開襟シャツを探す

コツ③「デニジャケの肩掛けで涼やかな印象&こなれ感を一挙両得」

薄手のデニムジャケットを選んだとて、外に出て陽射しに直接当たっていると暑苦しくなってくるもの。そういう時には肩掛けするのが得策だ。これならある程度、通気性を確保できる上、すこぶるこなれた雰囲気に。そして冷房のきいた室内に入った時など肌寒さを感じた際に、サッと袖を通せるのも魅力的だ。

2/2GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

FASHION

スーツとポロシャツを合わせた着こなしのポイントとは?ビジネスでも使えるメンズコーデにフォーカス!

FASHION

一番使えるデニムの色は?ジーパンの色選びに迷ったらこれを買えば間違いなし!?

FASHION

コンバースの白オールスターを使ったメンズコーデをハイカット・ローカットで分けて厳選紹介!

FASHION

30代メンズが夏コーデ組みの参考にしたいアイテムリスト14選

FASHION

ショートパンツを穿いたメンズ夏コーデをおしゃれにキメるなら?海外ストリートスナップで着こなし事例をチェック!

FASHION

オーバーサイズの白シャツコーデはシルエットバランスが肝心!メンズの着こなし方を海外スナップで見る

FASHION

スウェットハーフパンツを夏の街着として取り入れるためのスタイルサンプル。メンズコーデ事例とおすすめアイテムを紹介!

FASHION

白キャップのコーディネート方法を海外ストリートスナップから盗む!メンズの着こなし事例とおすすめアイテムを紹介

COLUMN

キャップとサングラスを合わせる際に見ておきたい4つのコーディネート事例

FASHION

好感度バツグンな青ジャケットコーデの事例集

FASHION

BBQに最適なファッションは?あると便利なメンズアイテムを5つの視点から紹介!

FASHION

白シャツと好相性なジャケットは?夏にアウター使いするならどんなアイテムがおすすめ?実際のメンズコーデ事例で紹介!