140周年を迎えたセイコーから、国産時計の金字塔「キングセイコー」の復刻モデルが登場!

Share

日本時計ブランドの雄「SEIKO(セイコー)」から、創業140周年を記念した復刻モデル「キングセイコー」が発売。1961年に誕生し、国産高級機械式時計市場を牽引したキングセイコーのヒストリカルデザインを継承する数量限定モデルとなり、国内外で2021年1月より順次発売される予定だ。

スポンサーリンク

性能・デザイン・品格を高次元で追い求め、国産高級時計としてのあり方を提示した「キングセイコー」

1950年代後半、国産腕時計の新時代を切り拓くべく、セイコーは腕時計に求められる性能を見つめなおし、ムーブメントの設計やデザインに独自の思想を宿した画期的なモデルを次々に発売。そのひとつの集大成ともいえるのが、1960年に誕生した国産腕時計の最高峰「グランドセイコー」であり、翌1961年に誕生した「キングセイコー」である。グランドセイコーと同様に腕時計の本質を踏まえながら、ともにセイコーの高級機械式時計の進化を牽引した「キングセイコー」は、同社創業140周年を迎える2021年が誕生60周年の節目。そんな記念すべき1年の幕開けを飾る1本が現代の技術で蘇る。

「キングセイコー」詳細はこちら

復刻モデルのデザインベースは“KSK”と呼ばれた2代目キングセイコー

キングセイコー復刻にあたり、ベースモデルとして採用されたのは、“KSK”と呼ばれた1965年発売の2代目キングセイコー。1961年に発売された初代にはない防水性能や、秒針を止めて時刻合わせができる秒針規制装置を備えるなど、実用面の進化が高く評価された逸品だ。エッジの立ったシャープなケースやガラス形状は、キングセイコーブランドにおけるデザインのオリジナリティを確立した、ともいわれている。
(画像:1965年に発売されたオリジナルモデル キングセイコー“KSK”)

太くしっかりとした特徴的な“かん足”、低重心化が図られた高い装着性・実用性を叶えるフォルム、鋭い輝きを放つ多面カットを施した立体的なインデックス、そして堂々とした太く長い針。ユニークな断面形状と天面に施されたライターカットが印象的な12時位置のインデックスのデザインも可能な限り再現された他、ケースはオリジナルの36.7mmから現代的な38.1mmへとサイズアップされている。

「キングセイコー」詳細はこちら

2/2GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

FASHION NEWS

セイコー プロスペックスの「LXライン」より、南極の湖底から着想を得たウォッチが数量限定で登場!

FASHION NEWS

セイコー 5スポーツが「ストリートファイターV」とのコラボモデルを数量限定で発売!

FASHION NEWS

セイコーウォッチから、ジャパンブルーをまとった「JAPAN COLLECTION 2020」が国内限定で登場!

FASHION NEWS

セイコー プロスペックスより、サファリルックのダイバーズウォッチ「STREET SERIES」が発売!

FASHION NEWS

セイコー プロスペックスより「ガンダム」や「シャアザク」をデザインに落とし込んだコラボウォッチが登場

FASHION NEWS

セイコー プロスペックスから「ランドマスター」の25周年記念モデル2機種が発売!

FASHION NEWS

セイコー「クレドール」より、ドレスウォッチ「リネアルクス」のメンズラインが登場!

WATCH

グランドセイコーの魅力を骨の髄まで味わえる「スプリングドライブGMT」の魅力とは?

FASHION NEWS

セイコー アストロンから「クオーツ アストロン」のオリジナルの意匠を再現したトリビュートモデルを発表

GOODS

腕時計 メンズ【アンダー10万円でリアルに使える名品を厳選ピック!】

FASHION NEWS

SONYとSEIKOがコラボ、機械式のスマートウォッチが数量限定で発売

WATCH

メンズ「デジタルウォッチ」の大人に相応しい選び方&おすすめ23モデルを紹介