自分の肌タイプはどれ?簡単に分かるセルフチェックの方法を紹介

Share

自分に合う化粧品を見つけるうえで、必ず把握しておきたいのが自身の肌タイプ。というのも普通肌や乾燥肌、オイリー肌などの肌質に合わせて化粧品を選ばなければ、しっかり効果が感じられないためだ。とはいえ自分の肌タイプを知る機会はかなり少ない。そこで今回は、肌タイプが簡単に分かるセルフチェックの方法について紹介していく。

まず知っておきたい肌タイプの種類!水分量と皮脂量のバランスで大きく4つに分類される

セルフチェックする前に、まず肌タイプの種類についておさらいを。肌タイプは水分量と皮脂量のバランスによって普通肌乾燥肌オイリー肌混合肌の4つに大別される。一番理想とされるのは普通肌だが、この4種の中でメンズに多く見られるのは混合肌だ。また、体調や季節、年齢などによって肌タイプが変わることも覚えておきたい。

超簡単に分かる!肌質セルフチェックの方法を解説

肌タイプの種類を把握したら、続いては自分でできる肌タイプ診断の方法を試してみよう。やり方は非常に簡単で、洗顔後にタオルで顔を拭いたら10分間なにもせずに待ち、その後の肌状態をチェックするだけ。もし、あぶらとり紙が手元にあるなら、Tゾーン(額と鼻)と頬にそれぞれ10秒ほど押し当て、脂の付き具合も確認しよう。下記に診断結果をまとめたので、自分がどの肌タイプなのか判断してみてほしい。

・普通肌
10分後でも肌のつっぱりを感じず、目元や口元の小じわが気にならない。そして、あぶらとり紙に脂がつかない。

・乾燥肌
つっぱりを感じるうえ、小じわも気になるが、あぶらとり紙に脂がつかない。

・オイリー肌
つっぱりを感じず、小じわも気にならないものの、Tゾーンと頬がベタつく。

・混合肌
部分的につっぱりを感じ、目元の小じわが少し気になる。Tゾーンのみ少しベタつく。

肌タイプに合わせたスキンケアアイテムを取り入れよう!

セルフチェックを実践し自身の肌タイプが分かったら、現在のスキンケアを見直そう。

“普通肌”はゆらぎやすいので季節に合わせたスキンケアを

肌バリア機能が正常に働いている“普通肌”は肌トラブルが起きにくく理想的な肌質であるものの、季節によって皮脂分泌が多くなったり乾燥することも。皮脂が気になるならあえて乳液やクリームの使用を止めたり、乾燥しがちなら化粧水を塗り重ねたりとスキンケア方法を変えるのがおすすめだ。

【関連記事】保湿力の高い化粧水を選ぶポイントとは?メンズ肌にうるおいを与えるアイテムを厳選ピック

“肌がうるおう”と謳う化粧水は数多く存在するが、パッと見ではどれも同じように感じ...

“乾燥肌”には水分と油分をプラス!

乾燥肌なら保湿成分を多く含んだ化粧水で水分を補い、さらに乳液やクリームで油分をプラスしながら水分が逃げないよう蓋をしよう。また、肌が乾燥するとバリア機能が著しく弱まるため紫外線ダメージを強く受けやすい。そのため、UVカット効果のあるスキンケアも欠かさずに。

【関連記事】乾燥肌に最適な化粧水とは?プチプラからデパコスまでおすすめ化粧水を厳選して紹介

乾燥肌のケアには水分を閉じ込める役割のクリームや油分を重視しがちだが、実はスキン...

“オイリー肌”は洗顔が大事!保湿もしっかり行なって

ニキビが出来やすかったり毛穴が目立ったりと肌トラブルを招きがちなオイリー肌は、洗顔方法に気を配りたい。皮脂を落としすぎると逆に肌バリアが低下するため、優しく洗顔するのが好適だ。また、テカリが気になるがゆえに乳液やクリームを避けてしまいがちだが、オイリー肌が悪化する場合もあるため、夜のスキンケアでは取り入れるなど工夫が大事。

【関連記事】オイリー肌とは?改善するために意識したいポイント&おすすめ商品を紹介

朝に洗顔をして夕方頃には顔がテカテカ…という肌質なら、それはオイリー肌かも。季節...

【関連記事】脂性肌のメンズにおすすめの乳液10選!さっぱりした使用感の製品をピックアップ

男性に多い肌タイプといえば脂性肌(オイリー肌)だが、皮脂量が多いからといって乳液...

“混合肌”は部分によってスキンケアアイテムを変えよう

混合肌を改善するなら部位によって使うアイテムを変えるのがおすすめ。たとえば化粧水なら、TゾーンにはビタミンC誘導体など皮脂を抑える成分が入ったものを、乾燥しがちなUゾーンにはセラミドなど高保湿成分を配合したものをセレクトするなど。また、皮脂量はなかなかコントロールしにくいが、乾燥については改善しやすいので、まず乾燥する部分のケアから注力していくのも◎

【関連記事】混合肌のメンズのスキンケア方法とは?

女性と比べて皮脂分泌量が2~3倍ながら、水分量は6割ほどと言われる男性に多く見ら...
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する