オイリー肌とは?改善するために意識したいポイント&おすすめ商品を紹介

Share

朝に洗顔をして夕方頃には顔がテカテカ…という肌質なら、それはオイリー肌かも。季節に関係なく脂ギッシュになってしまいがちで、毛穴が開きやすくニキビが出来やすくて清潔感を損ねる恐れがあるなど、男性にとってオイリー肌は大敵だ。今回は、そんなオイリー肌の特徴や改善するためのポイントを紹介していく。

スポンサーリンク

オイリー肌(脂性肌)って何?

オイリー肌とは、皮脂が過剰に分泌される肌質のこと。本来、皮脂は肌のうるおいを守るために分泌されるが、その量が多いがためにベタつきやテカリ、ニキビ、毛穴の広がりといった肌トラブルを招きやすいのが特徴だ。そんな皮脂が過剰に分泌されるのは元々の体質による場合があるが、栄養バランスの悪い食事や生活習慣によるホルモンバランスの乱れ、肌のバリア機能の低下によって引き起こされるケースもある。そのため、“以前までは普通肌だったのに急にオイリー肌になった…”なんてこともしばしば。しかし逆を言えば、その原因を解決すればオイリー肌を改善できるので、顔のテカリやベタつきが気になる方は対策を講じてみてはいかがだろうか。

普通肌 水分・油分のバランスが良い
オイリー肌 水分・油分ともに多め
乾燥肌 水分・油分ともに少なめ
混合肌 水分が少なく、油分が多め

オイリー肌を改善するために意識したい3つの生活習慣とは?

①「十分な睡眠をとる」

睡眠時間が不足するとホルモンバランスが乱れ、皮脂量が増加する原因に。しかも成長ホルモンの分泌が滞るので、肌のターンオーバーも乱れて肌が荒れてしまいやすくなる。そのため、基本は7~9時間ほど睡眠の時間を取るのが吉だ。可能であれば、成長ホルモンが活発に分泌される時間帯である22時〜深夜2時には就寝できるとベスト。

②「糖質や脂質の摂りすぎに注意する」

糖質や脂質の過剰摂取によっても皮脂量が増えるので、甘いものや脂っこいものは食べすぎないように要注意。ファストフードに多い揚げ物系はもちろんのこと、ケーキやドーナツといったスイーツ・洋菓子も糖質と脂質の両方が高いため、食べる際には半分だけにするなど量を調節するのがおすすめ。もしも食べすぎてしまった場合は、代謝を高めるビタミンB群を積極的に摂取しよう。

③「ストレスを溜めないようにする」

美容好きならご存知かもしれないが、ストレスと肌環境は密接に関係すると言われている。2018年に資生堂が女性を対象に行った調査によると、精神的ストレスを感じた後の皮脂分泌量がストレスがない場合と比較して1.7倍になったというデータもあるほどだ。また、ストレスによってバリア機能低下を招き、それによってニキビや肌荒れが生じるとも言われているので、日頃からストレスを発散させるなどして溜めないように心がけるのが美肌のために大事。

オイリー肌改善の一助に!おすすめスキンケアアイテムを厳選ピック

仕事で忙しい毎日を送るビジネスパーソンにおいては、なかなか生活習慣の改善をするのは難しいという方も多いだろう。そこで頼りたいのがコスメの力。毎日使い続けることで皮脂量の軽減が期待できるので、ぜひ取り入れたいところだ。ここからは、そんなオイリー肌の改善に一役買うであろうスキンケアアイテムを紹介していく。

①「RICE FORCE(ライスフォース) ACPOLESS 3点セット」

2015年11月に医薬部外品の新規有効成分として認可された、ライスパワー®︎No.6エキスを配合したスキンケアシリーズ。皮脂分泌を抑制するという効果効能が日本で初めて承認された成分で、皮脂腺に直接働きかけてくれる製品となっている。そう聞くと「乾きそう…」と思ってしまいがちだが、水分保持力も高いのがこのシリーズの優れたポイント。過剰な皮脂によって肌トラブルを招きがちという男性の救世主になってくれることうけあいだ。

詳細・購入はこちら

②「Dr.K(ドクターケイ) コントロールエッセンス」

皮脂分泌のメカニズムに着目し、3種の植物エキスやピリドキシンHCLを配合した美容液。一般的には美容液は化粧水のすぐ後に使うが、こちらはブースタータイプなので洗顔後すぐに塗り込む仕様となっている。そのおかげで、毛穴にダイレクトに届き、その後に使う化粧水の馴染みも良くなると口コミでは高評価。やや価格は高めだが、定期便だと安くなるので気に入った方は続けてみて。

詳細・購入はこちら

③「ONE BY KOSE(ワンバイコーセー) バランシング チューナー」

さっぱりした使い心地が好みの男性には、ワンバイコーセーの化粧水がおすすめ。肌にスッと馴染むテクスチャーと清涼な使用感が特徴で、その後に使う美容液や乳液などの邪魔をしないのも嬉しいポイント。また、こちらの製品にもライスパワー®︎No.6エキスが含まれているので、使い続ければ皮脂分泌量を正常に導いてくれることうけあい。朝晩の使用で大体2ヶ月ぐらいは持ち、1回あたり約70円分ぐらいだと思えばコスパも悪くないはず。

詳細・購入はこちら

④「Obagi(オバジ) C10セラム」

過剰な皮脂の分泌を抑制し、ニキビの予防・改善に役立つと言われているのが高濃度ビタミンC。その成分をふんだんに配合した美容液として有名なのがオバジの製品だ。肌のざらつきやくすみにも効果が期待できるので、複合的な肌トラブルにお悩みの方にもおすすめ。いくつか濃度の種類があり、初めから高濃度のC25を使うと肌がピリピリしがちなので、まずはC10セラムから試してみてほしい。

詳細・購入はこちら

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する