ニューバランス「574」を徹底解剖!576との違いやコーディネート事例、人気を集める理由などのウンチクにフォーカス

Share

3ページ以降を表示しています。

元のページを表示

3ページ以降を表示しています。

目次を表示

ニューバランス「574」は海外の着道楽たちも愛用するファッションスニーカーの定番!

世界中からファッション業界で働く着道楽たちが一堂に会するピッティウオモ。その会場でも、毎回ニューバランスの574を履いた男性たちが一定数以上キャッチできる。990や991などの900番台と並ぶニューバランスの人気銘柄であることが窺えるだろう。カラバリが非常に多いモデルであるため、どんな服装にも合わせやすいのも574ならでは。前述の通り安価なモデルであるため、複数カラー持っておいてコーディネートごとに使い分けるのもおすすめだ。

ニューバランス「574」の各モデルを紹介!

絶対的な定番モデル「ML574」

ニューバランスの574と言えば、一般的に「ML574」のことを指す。当然ながら574の各種モデルの中で1番人気で、デカNやアイコニックなシルエットはニューバランスの王道と言えるデザイン。2018年1月にアップデートされ、見た目はほとんどそのままにクッション性などが向上した。

詳細・購入はこちら

クッション性を向上させたスポーツモデル「MS574」

他の574とは大きく印象の異なる2017年発売の「MS574」。スポーティーなメッシュアッパーに加え、圧倒的な存在感を放つ「FRESH FOAM」仕様のミッドソールとラギッドなアウトソールでクッション性とフィット感をグレードアップしている。履き口周りもフィット感を考慮したデザインになっていることに加え、シンセティックレザーとメッシュを使った3色デザインも特徴的。

詳細・購入はこちら

Nロゴがやや小さい「MLP574」

MS574と同じ2017年にリリースされた「MLP574」。モデル名には、定番モデルML574にプロトタイプを意味する「P」が付け加えられている。基本的なデザインや機能性はML574と変わらないが、Nロゴが若干小さいのがこのモデルの特徴。チビNとまではいかないものの、主張を抑えたNマークで、デカNに抵抗がある人も馴染みやすいデザインとなっている。

詳細・購入はこちら

こだわりのMADE IN USAモデル「US574」

日本で流通している574の多くは値段の安いアジア(中国・ベトナム)製のものだが、「US574」はアメリカ製造のモデル。ENCAPのミッドソールやメッシュスエードのアッパーなど、基本的な仕様はML574と同じだが、シュータンにはUSの文字を配置。定番モデルとは少し違ったものが欲しいという、こだわり派にオススメの一足だ。

詳細・購入はこちら

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する