ホワイトニング歯磨き粉はどれがおすすめ?選び方も併せて紹介

Share

ピカピカに磨かれた爽やかな白い歯は、イイ男を象徴する大事なパーツ。そんな清潔感のある歯をキープしたり、少しでも歯を白く見せたいなら毎日のこまめなお手入れが欠かせない。そこで取り入れたいのがホワイトニング歯磨き粉だ。今回は、そんなホワイトニング効果が期待できる歯磨き粉をテーマに、選び方やおすすめ商品を紹介していく。

ホワイトニング歯磨き粉とは?

タバコやコーヒー、茶類、加齢などが原因で黄ばんだ歯をケアするホワイトニング歯磨き粉。汚れを浮かすホワイト効果に優れた成分が配合されており、パッと明るい歯を目指すなら取り入れておきたいアイテムだ。ただし、市販の歯磨き粉はあくまでも元の歯の色をキープすることが目的。生まれ持った歯よりも白くしたいのであれば、ホワイトニング歯磨き粉と歯医者を併用するとより効果的である。

Amazonでホワイトニング歯磨き粉を探す

ホワイトニング歯磨き粉の選び方とは?

ホワイトニング歯磨き粉と言っても、成分の違いなど種類はさまざま。ここからは歯の状態や悩みに合わせた選び方を徹底解説!

ホワイトニング歯磨き粉の選び方①「ホワイトニング成分に注目!」

ホワイトニング歯磨き粉の中には名ばかりのアイテムも。まずは成分をチェックし、本当に美白効果が得られるのかチェックしよう。歯の黄ばみが目立つのであれば、汚れを浮かす効果に優れた「ポリリン酸ナトリウム」配合がオススメ。一方でまだ黄ばみが少なく、予防したいなら歯の表面を整える「ハイドロキシアパタイト」が良いだろう。

ホワイトニング歯磨き粉の選び方②「歯に透明感はある?虫歯も要注意」

歯に透明感がなく白く濁った印象を受けるなら、虫歯の初期症状である可能性も。濁りは白さの低減にも繋がるので、フッ素入りの歯磨き粉で歯の脱灰を防ぐのがオススメだ。フッ素は同時に虫歯も予防できるため、より好印象な歯へ導ける。

ホワイトニング歯磨き粉の選び方③「研磨剤入りは使う期間を制限すべき」

研磨剤とは硬くザラザラとした質感が特徴で、歯の表面の汚れを削るように落としてくれる。頑固なステインに効果的だが、歯のエナメル質を傷付ける可能性もあり注意が必要である。研磨剤入りの歯磨き粉は1ヶ月以上の使用は控え、集中的または1週間に1回の使用などにとどめておくと安心だ。

2/2GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する