さらばカミソリ負け!髭剃りの時に気をつけたいコツ

Share

男の身だしなみを整えるために欠かせない髭剃りだが、カミソリ負けという悩みがつきもの。誰しも、カミソリ負けしてしまった経験はあるのではないだろうか。今回はカミソリ負けしないための髭剃りのコツについて紹介していく。※重度なカミソリ負けの場合は皮膚科医に相談することをおすすめします。

カミソリ負けを防ぐ髭剃りの6つのコツとは?

一度なったら治るのに時間がかかってしまうカミソリ負け。しかしポイントさえ押さえれば、カミソリ負けは予防できる。日々の習慣だからこそ、おろそかにすることなく正しい方法を身につけたい。

カミソリ負けを防ぐ髭剃りのコツ①「起床してから15~30分後はなめらかに髭を剃れる」

髭剃りは基本的には朝に行うのが良いとされている。これは、髭がいちばん伸びる時間帯は6時〜10時であることと、睡眠をとった後の肌はハリがあるという理由のためだ。何より、朝に髭剃りを行うことで1日を気持ちよく始めることができる。しかし、起床後すぐではなく、起床してから15分〜30分がベター。起き抜けの肌はむくんでいる状態にあるため、髭が埋もれて深剃りしにくく、かつ出血しやすいので注意したい。

【関連記事】髭剃りは朝or夜、どっちがベストタイミング?

メンズならではの身嗜みである“髭剃り”。人それぞれ濃さが異なるため、剃る頻度につ...

カミソリ負けを防ぐ髭剃りのコツ②「髭剃り前に髭を柔らかくする!」

髭の硬さには個人差があるが、水分を含んでいない髭は真鍮と同じ硬さだと言われている。肌への負担をできる限り減らすことが鉄則であるカミソリ負け予防において、髭の硬さが一番の大敵だ。そのため、蒸しタオルなどで髭を柔らかくしてから剃るのがマスト。シェービングフォームやジェルにも肌を柔らかくする効果があるので、併用すると良いだろう。

カミソリ負けを防ぐ髭剃りのコツ③「カミソリのコンディションに気を配る」

カミソリ負けは、髭剃りの時についた肌の微細な傷から入るバイ菌によって引き起こる。そのため清潔でないカミソリを使うのはNGだ。湿度の高い浴室に置いたままなどにしていると、雑菌が繁殖してしまうので要注意。カミソリは乾燥した清潔な場所で保存するようにし、刃は定期的に交換するようにしよう。

カミソリ負けを防ぐ髭剃りのコツ④「カミソリ負け対策には順剃りが基本」

ことカミソリ負けを予防するという点においては、逆剃りよりも順剃りが理想。順剃りは毛の流れにあわせて剃るので、カミソリ負けや肌荒れを回避できる。一方で順剃りには、深剃りができず剃り残しがあったり、すべすべ感が得られない、というデメリットも。髭が濃いという方は、先述した髭を柔らかくする工程を念入りに行ってから、順剃りした後に剃り残しを逆剃りする、という方法でカミソリ負けの予防を期待できる。

カミソリ負けを防ぐ髭剃りのコツ⑤「髭剃り後は肌をたっぷりと保湿しよう!」

剃りの工程が終わったからといって安心することなかれ。カミソリ負けを予防するのに最も重要なのは、剃りの工程後のケアだ。冷水でフォームや髭を洗い流した後は、化粧水で肌をたっぷりと保湿することが大事。もし念入りにケアをしていても肌荒れが起きてしまう場合は、鎮静効果のあるアフターシェービングローションを活用するのも一つの手だ。また、肌荒れを起こさないためには水分と油分のバランスが大事であるため、できれば乳液も追加し、肌に適度な油分と水分を補填しよう。

カミソリ負けを防ぐ髭剃りのコツ⑥「体調の悪いときや深酒の翌日は要注意」

体調の悪い時やお酒を飲み過ぎた翌朝は、なるべく髭剃りを避けたい。お酒で肌がむくんでいたり、肌にハリがない状態で髭剃りをすると、血が噴きやすく、カミソリ負けもしやすい。普段はカミソリ負けしない、という人もカミソリ負けしてしまうこともあるので注意が必要。どうしてもしなければいけないときは、いつもより慎重かつ丁寧に、剃り前・後のケアを行いたい。

40秒で紹介!カミソリ負けにならない髭剃りの方法

OTOKOMAE公式TikTokチャンネルで、カミソリ負けにならない髭剃りの方法を紹介中!40秒で正しい髭剃りの方法をチェック!

@otokomaelab イケメンの髭の剃り方 #メンズ美容 #美容男子 #メンズスキンケア #髭剃り #シェービング #PepsiApplePieChallenge ♬ FEEL THE GROOVE – Queens Road, Fabian Graetz

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する