セバゴのクラフツマンシップが息づく「DOCKSIDES(ドックサイズ)」の魅力とは?

Share

クラシックな製法を取り入れた靴作りと履き心地の良さに定評のある老舗シューズブランド、セバゴ。今回は、同ブランドが手がけ、プレッピーブームにおいて大ヒットを博した「ドックサイズ」にフォーカスし、歴史とともに魅力を掘り下げていく。

「セバゴ」は多くの名作を世に送り出した老舗シューズメーカー

「SEBAGO(セバゴ)」は、1946年にアメリカ・メイン州にて産声を上げたシューズメーカーだ。創業当初は手縫いのコインローファーを手がけており、ローファーのサドル部分の縫い付けにビーフロールのデザインを取り入れた原初のブランドとしても知られる。1970年にはボートシューズの代表格である「ドックサイズ」を発表してスマッシュヒットを飛ばし、1981年にリリースした「キャンプサイド」も今ではチャッカブーツの代名詞に。つまりセバゴは、革靴業界に大きな影響を与えたブランドの一つなのだ。

「セバゴ」のシューズを探す

ちなみに、かのポップスターであるマイケル・ジャクソンが愛用したブランドとしてもファンの間では有名で、彼が履いたことで知名度がグンと上がったというバックグラウンドも。いまや世界85ヶ国以上で展開するグローバルブランドにまで成長を遂げ、他ブランドとも積極的にコラボレーションを行うなど、常に新しいユーザーを惹きつけている。

セバゴを一躍有名シューズブランドへと押し上げた「ドックサイズ」

セバゴがその名を世界に知らしめるきっかけとなったのが、今回紹介するデッキシューズ「ドックサイズ」だ。同ブランドが得意とするモカ縫いを生かした本作は、1980年代に本格ブームを起こしたプレッピースタイルの足元に合わせる定番靴として人気を博し、セバゴのカジュアルシューズブランドとしての地位を不動のものにした。決して高級感のあるルックスではないものの、細部にまでクラフツマンシップが息づくデッキシューズに仕上がっており、発表当時から現在に至るまで変わることのないデザインで愛されている。

セバゴ「ドックサイズ」を探す

2/3GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

FASHION

ドクターマーチンの名作3ホールシューズ「1461」の履きこなし方を海外の着道楽に学ぶ。メンズコーデ事例とおすすめアイテムを厳選紹介!

FASHION

スーツに合わせる靴はどう選ぶ?王道からハズしまで一挙に紹介

NEWS

三陽山長が雨の日でも快適な履き心地の新生ドレススニーカー「柔」コレクション5型を発売

FASHION

ネイビースーツに合う靴とは?革靴とスニーカーの2カテゴリでポイントとおすすめのアイテムを紹介!

GOODS

クラークスの隠れた名作ローカットシューズ「ナタリー」の魅力

FASHION

グレースーツに合わせる靴の選び方とは?色のチョイスを主に、革靴とスニーカーの2カテゴリでポイントを解説!

GOODS

クロケット&ジョーンズの柔らかなアンライニングローファー「リッチモンド」に宿る6つの魅力

GOODS

3万円台まで!コスパ最強のおすすめビジネスシューズ7選

GOODS

職人の技が光るUチップ、三陽山長「勘三郎」の魅力とは?

FASHION

ローファーを私服に取り入れるなら?学生から社会人まで全ての男性が参考にしたいメンズコーデ事例を紹介!

GOODS

バーウィックのタッセルローファー「8491」はコスパ最強の一足。その魅力とは?

NEWS

ベルルッティが、マストロヤンニとウォーホル2人の伝説的顧客が登場する新たな広告キャンペーン「LIVE ICONIC」を公開