イギリス紳士靴ブランドの手がけたローファー特集!

Share

2ページ以降を表示しています。

元のページを表示
スポンサーリンク

「Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ) BOSTON 2」

世界で最も多くの木型の種類を有するシューズメーカーとして知られる「クロケット&ジョーンズ」。同ブランドを代表するシューズのひとつである「ボストン」にもいくつかラストが用意されており、ピックアップしたコチラには日本人の足型にも合いやすい「376」を採用している。ヒールカップが一回り小さいので足抜けや靴擦れが少なく、履き心地の良さに定評のある1足だ。素足で履くことが多いローファーだからこそフィット感にこだわりたいという諸兄は、ぜひ候補に加えてみてほしい。

詳細・購入はこちら

「LOAKE(ローク) LINCOLN」

「ローク」といえばモッズに愛されたキルトタッセルローファー「ブライトン」があまりにも有名だが、タッセルローファー「リンカン」も隠れた名作として愛されている。同ブランドは各シューズにイギリスの地名をつけることで知られ、リンカンといえば大聖堂や城など歴史的建造物が多く残るイギリスの名所。それをイメージしてか、スマートな印象を与える細身のフォルムや、繊細なステッチを配すなどエレガントな意匠を凝らしているのが特徴だ。ヒールカップが深めで抜けにくく、柔らかなスエードレザーでフィット性を高めているので履き心地も◎

詳細・購入はこちら

3/4GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ