レジメンタルストライプのネクタイは誤解を招く!?

3ページ以降を表示しています。

元のページを表示
スポンサーリンク

ネクタイの柄「レジメンタルタイの向きに起源あり」

イギリスを起源としたレジメンタルタイは、自分から見て右下がりのストライプが基本(正面から見てカタカナの”ノ”の字になっている)。それに対して右肩から左肩下方に向かうストライプはリバースと呼ばれ、ブルックスブラザーズが初めて商品化したと言われるアメリカ式のスタイルだ。アメリカ起源のプレッピースタイルやアイビースタイルを志すなら、リバースをチョイスするのはアリだが、ヨーロッパ的なスーツスタイルに合わせるならレジメンタルを選ぶのがオススメ。

イギリス製のネクタイであれば、レジメンタルストライプであっても大学や軍隊に使用されるデザインを避けている傾向にあるので、イギリス製のネクタイを選ぶことで前述のような誤解を招くことは少なくなるとも言われている。

4/5GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ