【急募】アルバイトスタッフ募集中!

敏感肌におすすめの洗顔料は?デリケートな肌にも使いやすい製品を厳選ピック

Share

肌がデリケートな方にとって洗顔料は何を選べば良いのか悩んでしまいがち。あれこれ試してもイマイチ…と感じることが多く、とくに男性向けの製品だと洗浄力が強すぎてピリついたり、肌が乾燥してしまうというケースも少なくないだろう。そこで今回は、敏感肌の方におすすめの洗顔料を厳選して紹介していく。

敏感肌の洗顔料の選び方とは?

まずは敏感肌が洗顔を選ぶポイントを解説する。この3つを押さえれば、肌を守りながらケアできるはずだ。

敏感肌の洗顔料の選び方①「肌に優しい成分処方かのチェックはマスト!」

敏感肌にとって最も重要なのが肌への優しさ。なるべく防腐剤や鉱物油などを使用していないマイルドな洗顔料を選ぼう。さらに、アレルギーテスト済みやパッチテスト済みの製品であれば安心度は倍増。ニキビができやすい肌質であればノンコメドジェニック処方だと使いやすい。また、男性化粧品に多いメントールなどが配合された清涼感の強いものはNG。そういった刺激は肌ダメージとなる可能性があるため、なるべく刺激が少ない処方がおすすめだ。

敏感肌の洗顔料の選び方②「洗浄力がマイルドだと◎」

敏感肌の原因の一つとして洗顔による“洗いすぎ”が挙げられる。洗浄成分の中でもメジャーな合成界面活性剤は、洗浄力が強く敏感肌には少々ヘビー。そのため、比較的マイルドな処方であるアミノ酸由来の洗浄剤を選ぶのがポイントだ。さらに肌の角質をケアするピーリングやスクラブなどは、肌の刺激になることも。なるべくシンプルな処方で優しい洗浄力だと安心して使用できる。

敏感肌の洗顔料の選び方③「摩擦レスに洗えるテクスチャーを」

洗顔による摩擦も敏感肌を悪化させる原因に。そのため、もっちり濃密な泡で洗えて洗顔時の摩擦を軽減できるものが理想的だ。ジェルタイプやポンプ式は泡がへたりやすく、敏感肌用には向かない。チューブ・クリーム・固形石鹸がもっちりとした泡を作りやすいので、洗顔料の種類も意識すると良いだろう。

2/3GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する