クロケット&ジョーンズの名作ダービーシューズ「ノリッチ(NORWICH)」が体現する6つの機能美とは

脱ぎ履きがしやすく長時間歩行に適していることから、ビジネスシーンで重宝される外羽根式の革靴。中でもクロケット&ジョーンズ(CROCKETT&JONES)の「ノリッチ(NORWICH)」は、機能的でありながらも美しさを兼ね備える一足としてファンも多い。今回は、そんなクロケット&ジョーンズの外羽根ストレートチップ「ノリッチ」にフォーカスし、その魅力を紹介!

スポンサーリンク

英国革靴ブランドの代表格「クロケット&ジョーンズ」

1879年に、チャールズ・ジョーンズとその義弟ジェームス・クロケットによって設立されたクロケット&ジョーンズ。革靴の聖地である英国ノーザンプトンにて、グッドイヤーウェルト製法をはじめとする伝統的な靴作りで発展を遂げてきた。1924年にはのちのジョージ6世であるヨーク公が見学に訪れ、王室からも一目置かれる存在に。第2次世界大戦中は1万足を越える軍靴を製造して国に貢献した。

今でこそ世界的に知られるクロケット&ジョーンズだが、かつてはむしろ同業のシューメーカーや靴職人から高く評価されるメーカーだった。その理由は、クロケット&ジョーンズが他社の受注靴を手がけるOEMメーカーだったため。長きにわたり受注生産の実績を積み上げており、その顧客の中には「ジョージ・クレバリー」や「ジョン・ロブ・パリス」といった一流ブランドも名を連ねる。1990年には輸出業の功績が称えられ、クイーンズアワードを受賞。1997年にはロンドンのジャーミン・ストリートにショップをオープンし、オリジナル製品を手がけるブランドとして名乗りを上げた。

5271512301_shohin3

詳細・購入はこちら

クロケット&ジョーンズが1足の革靴を完成させるのに費やす時間はおよそ8週間。200以上の工程を重ね、10年以上履き続きられる高品質な革靴を生み出す。さらに、長らくOEMメーカーとして手腕を振るってきたことから、保有するラストの数は世界一と言われているほどだ。革靴ブランドは数あれど、クロケット&ジョーンズほど安定したクオリティを堅持するブランドは稀少。今なお創業者ジョーンズ家の血を継ぐジョナサン・ジョーンズ社長指揮のもと、世界中の男たちを魅了する1足を作り続けている。

2017年、遂にロイヤルワラントを獲得したクロケット&ジョーンズ

王室御用達を意味するロイヤルワラントは、一流ブランドの指標の一つでもある。英国においては、エリザベス女王、エジンバラ公、チャールズ皇太子の3人がロイヤルワラントを認定。認定を受けたブランドに対して「ロイヤルアームス(紋章)」を掲げる権利が与えられる。アパレルから筆記具、紅茶メーカーまで、ロイヤルワラントを獲得するブランドは意外にも多く存在する。しかし、革靴ブランドに限って言えば、ジョン・ロブやトリッカーズなど数えるほど。日本で人気のチャーチやエドワード・グリーンも認定されていない。そんな中、クロケット&ジョーンズは2017年にロイヤルワラントを獲得。チャールズ皇太子御用達ブランドとして、正式に英国王室のお墨付きを得たのだ。

ドレッシーな雰囲気と機能性を兼備するクロケット&ジョーンズの傑作「ノリッチ(NORWICH)」

ノリッチ(NORWICH)は、クロケット&ジョーンズが手がける外羽根ストレートチップの革靴。「ノリッジ」とも読まれるこの一足は、ジェームズ・ボンドが履いているダービーモデルとしても有名だ。ラストには、ロングノーズで先端が細めのチゼルトゥ、そしてサイドのエッジが効いた「348」を採用。正統派の英国靴ながら、パリ仕込みの洗練されたテイストも持ち合わせる。

norwich_blk8

詳細・購入はこちら

クロケット&ジョーンズらしい格調の高さはそのままに、ダイナイトソールを搭載することで天候に左右されることなくガシガシ履くことが可能。お家芸でもあるグッドイヤーウェルト製法で仕立てられているため、履き慣れたときの歩き心地も素晴らしい。ビジネスシーンはもちろん、オフの日のジャケットスタイルにもサマになる使い勝手に優れた一足だ。

2/3GO TO NEXTPAGE
FOLLOW US

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

Related post

公式 Instagram スナップ