シャツの収納に便利なグッズ3選&シワが目立ちにくいたたみ方を紹介!

Share

シャツは襟が型崩れしないように丁寧にしまっておきたいけれど、収納スペースは取りたくない。そんな悩めるシャツの収納に便利なグッズと、シワになりにくいたたみ方を紹介!

シャツの収納に便利なグッズ①「専用ハンガーで型崩れ&シワを最小限に収納!」

シャツの形状を最もキープした状態で収納するなら、シャツ専用ハンガーを使用するのがオススメ。シャツ専用のハンガーは立体的な襟周りの形状とカーブした肩ラインの設計になっているため、シャツの立体的なシルエットをキープしたまま収納できる。ジャケットの高級ハンガーよりも低価格で購入しやすいものが多いのも嬉しいポイント。コストメリットを重視したハンガーを使用していて型崩れが心配な方や、高級ジャケットハンガーにシャツを掛けていてオーバースペックに感じている方は、ぜひこんなシャツ専用ハンガーの使用を検討してみてはいかがだろうか。

シャツの収納に便利なグッズ②「A4ケースを使って襟のシワを効率良く防ぎながら収納!」

100均などで販売されているプラスチックタイプのA4ケース、実はシャツの収納にちょうど良いのはご存知だろうか。シャツをたためば一枚すっぽり収納できるサイズ感で、クローゼットの隙間にそのまま収納OK。ハードなプラスチックでカバーされるため、他の衣類や荷物に潰されて深いシワがつくなんて心配からも解放してくれる。出張時などにはケースに入れたまま持ち運ぶことも可能だ。他にも縦かけて収納できるなど、意外にメリットが豊富なため、ぜひシャツの収納スペースで悩まれている方は参考にしてみて欲しい。厚みが4~5cm程度あると、襟の立体感をキープしながら収納しやすい。

詳細・購入はこちら

シャツの収納に便利なグッズ③「“吊るす収納ラック”で取り出し楽チン」

収納効率と取り出しの快適さを重視するなら、吊るす収納ラックの活用がベター。コンパクトにたたんだシャツの収納はもちろん、空いたスペースがあれば他の衣類をしまっておける汎用性の高さが魅力だ。吊るす収納ラックには、細かく仕切られた棚を吊るしたボックスタイプと、何段もポケットが連なったポケットタイプの2タイプが存在する。ボックスタイプはたたんだワイシャツを1枚ずつ横置きで収納できるため、型崩れやシワ予防にピッタリ。ポケットタイプはとにかく収納効率をアップさせたいとお考えの方にオススメだ。

左:ポケットタイプ 詳細はこちら
右:ボックスタイプ 詳細はこちら

シャツがしわになりにくいたたみ方はコレ!

シャツをたたんで収納されている方はもちろん、普段シャツは吊るしでクローゼットにしまっているという方も、出張や旅行時にはたたんでパッキングせざるを得ないだろう。そんなときのために、シワがつきにくいシャツのたたみ方を知っておきたい。下の動画では、シワがつきにくいシャツのたたみ方を紹介中。日常生活で頻繁に使うあるアイテムを使用して綺麗にシャツをたたむ方法まで紹介しているため、ぜひチェックしてみて欲しい。

【関連記事】シャツのたたみ方「出張時にも重宝するシワになりにくい方法と○○を使った裏ワザを動画で紹介!」

普段は吊るしでクローゼットにしまっているシャツも、出張や旅行時にはたたんでパッキ...
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する