クロケット&ジョーンズの隠れた名作ペニーローファー!「HARVARD(ハーバード)」の魅力とは

Share

世界の中でもとりわけ革靴文化が長く、歴史あるシューメーカーが揃うイギリスは、他のヨーロッパ製の靴に比べても堅牢なものづくりで「一生靴」と呼ばれる靴も多い。今回ピックアップしたCrockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)も、イギリスで生まれた140年以上の歴史を持つ老舗のシューメーカーだ。今回は、そんな老舗シューメーカーのクロケット&ジョーンズが作るペニーローファー「ハーバード」にフォーカス!

スポンサーリンク

英国生まれの老舗シューメーカー「Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)」

クロケット&ジョーンズは、1879年にジェームズ・クロケットとその妹の配偶者で義理兄弟の関係にあるチャールズ・ジョーンズが、イギリスにある靴の名産地ノーサンプトンで創業した、シューズファクトリーを起源とするシューズブランドだ。両者ともノーザンプトンの靴職人の家柄に生まれた熟練の職人でありながらも、早いうちから既成靴の量産に力を注ぎ、中底と本底(アウトソール)をウェルトを用いてミシンで縫い付ける「グッドイヤーウェルテッド製法」をいち早く取り入れたブランドとしても知られている。

クロケット&ジョーンズの革靴を探す

1924年には、クロケット&ジョーンズのファクトリーに後のジョージ6世となるヨーク公が見学に訪れたことでイギリス国民の関心を集めた。効率よく商品を生み出す技術と、誠実なものづくりと品質の高さが評価され、第2次世界大戦中は1万足以上のイギリス軍靴を製造したことでも知られている。

2/4GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する