イギリス紳士靴ブランドの内羽根ストレートチップ特集!

Share

今回は、“イギリス紳士靴ブランド”が手がけた、伝統的かつ気品にあふれる「内羽根ストレートチップ」にフォーカスし、おすすめモデルを厳選ピックアップ!

スポンサーリンク

「Edward Green(エドワード グリーン) CHELSEA」

「エドワードグリーン」の定番であり、ストレートチップの王道でもある「チェルシー」。レースステイの左右に施された“スワンネック”、そして横一文字を2本のステッチで描いているなどは同モデルの象徴的なディテールであり、他ブランドにもオマージュされるほど。アッパーには最高級品質のカーフスキンを使用しており、靴に関心がない人から見ても一目で“高級靴”だと理解できるクオリティがたまらない。

詳細・購入はこちら

【関連記事】 男を上げる不朽の名作「エドワードグリーンのチェルシー」

エドワードグリーンの代表的内羽根ストレートチップ、「チェルシー(Chelsea)...

「John Lobb(ジョンロブ) City2」

革靴の王様と称される「ジョンロブ」の代表的シューズとして知られる「シティ2」。ロンドンの中心街にある金融街“シティ オブ ロンドン”こと通称シティがその名の由来となっており、バンカーをイメージして作られたという。アッパーにはフルグレインと呼ばれる高品質なレザーを使用し、ややロングノーズ気味のラスト「700」を採用することで端正な佇まいに仕上げているのが特徴だ。

詳細・購入はこちら

2/4GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する