G-SHOCKでも屈指のタフネスを誇る「レンジマン」がアクティブに本気な大人を魅了する理由とは?

Share

時に遊びで、時に本気で、とアクティブに海に山へと活動する大人にとって、あらゆる場所へ一緒に連れて行く装備品の準備は疎かにできないもの。“壊れない腕時計”として1983年に誕生したG-SHOCKは、そんな大人たちにとって力強い相棒として知られるタフギアだ。中でも、モデル名に「~MAN」を冠した通称“マン・シリーズ”のひとつ「RANGEMAN(レンジマン)」は、先進的機能を搭載し、操作性も上々。プロフェッショナルの要求にも応えられる利便性は高い人気を誇る。今回はこのレンジマンについて、その特徴を紐解きながらおすすめモデルも紹介!

スポンサーリンク

G-SHOCK「レンジマン」が属するのは極限環境に挑む“MASTER OF G”シリーズ

レンジマンは数あるG-SHOCKシリーズの中でも、大きなモデルの枠でいくと「MASTER OF G」というシリーズに属する。“陸・海・空”というステージで、極限に向かい飽くなき挑戦を続けるプロフェッショナルの使用を想定して開発されたモデル群だ。過酷な環境下での使用を想定し、G-SHOCKが誇る耐衝撃構造をさらなる特化機能をプラスしたタフネスウォッチ。それぞれ特徴あるデザインや特殊な機能が、ユーザーのセンスやパーソナリティーを語るアイテムとしても絶大な支持を得ているモデルだが、そのラインナップに2013年追加されたのが今回フィーチャーする「レンジマン」だ。

 

“陸”を制するG-SHOCK「レンジマン」の誕生

飽くなきタフネスの追求と極限への挑戦を続ける、MASTER OF Gシリーズの「陸」カテゴリーに登場したのが、今回の主役レンジマン。シリーズの中では比較的新しく、“目指したのは、究極のサバイバルタフネス”というコンセプトのもと、2013年9月21日に「RANGEMAN(レンジマン) GW-9400」が発売した。

詳細・購入はこちら

2/7GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ