チューブを使って「上腕二頭筋」に効かせる方法とは?定番トレーニングのやり方とコツを紹介

Share

2ページ以降を表示しています。

元のページを表示
スポンサーリンク

チューブを使って上腕二頭筋を太くする!定番トレーニングの効果的なやり方

男らしさの象徴とされる「上腕二頭筋」は、高さが出る“長頭”と厚み(幅)が出る“短頭”の2種類で構成されている筋肉。鍛えるならダンベルを使うのが良いと思われがちだが、伸びれば伸びるほど負荷が増加する特徴をもつチューブを使えば無理なく効率的に鍛えられる。また、一定の負荷をかけ続けられるため“ダンベルでは筋肉を意識しづらい”といった方にもおすすめだ。ここからは、パーソナルトレーナー大嶋氏のレクチャーのもと、上腕二頭筋の定番トレーニング2種目の効果的なやり方を紹介!

チューブを使った上腕二頭筋の定番トレーニング①「アームカール」

上腕二頭筋のトレーニングで最もポピュラーなのが「アームカール」だ。この種目では主に“短頭”が鍛えられ、グッと力を込めたとき厚みのある力こぶがつくれる。肘を曲げ伸ばしするシンプルな筋トレだが、意外と気を付けるポイントも多いので、ぜひ動画もチェックしてみてほしい。

①チューブを踏みながら足を肩幅程度に開き、肩の真下に肘をセットしてスタンバイ。このとき、肩甲骨を寄せて胸を張るのが重要。背中を丸めていると可動域が狭まり、効果が薄まってしまうためだ。また、チューブの伸ばし具合で負荷を調節するのも忘れずに。

②肘の位置を固定したまま手を肩に引き寄せる。手のひらを上に向けたまま動かすのがポイントで、親指をすこし外側に向けると筋肉がより収縮して効果が高まる。また、息を吐きながら上げることで力が入れやすくなるため、呼吸も忘れずに意識したい。目標は10回3セットだが、難しい場合は出来る回数まで行うか、負荷を見直してみるのがおすすめ。

3/6GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

BODY

腕立て伏せはシンプルなようで奥が深い筋トレ!大胸筋に効かせる正しいやり方&コツを紹介

BODY

腹筋ローラーを使って筋トレを効率良く!効果的な使い方&コツをプロトレーナーが解説

BODY

「プランク」の正しいフォームは超キツい!?腹筋に効果絶大なやり方とは?

BODY

ランジは下半身も体幹も鍛えられる万能トレーニング!効果的なやり方&コツを紹介

FASHION

チャッカブーツ メンズ コーデ特集!上品でキレイめな雰囲気漂う注目の着こなし&おすすめアイテムを紹介

FASHION

ニット×シャツの重ね着コーデの正解は?注目の着こなし&アイテムを紹介

FASHION

シングルライダースジャケット コーデ特集!洗練された雰囲気と男らしさを両立した大人の着こなし&おすすめアイテムを紹介

FASHION

Gジャン メンズ特集!リーバイスが生み出した歴史からタイプ別の特徴、注目のコーデ・アイテムまでを一挙紹介

FASHION

ネイビーニット コーデ 特集!ノーブルな魅力をプラスした大人メンズの着こなし&アイテムを紹介

FASHION

ニットジャケット メンズ特集!注目のコーデを交えながらインナーの選び方や狙い目のアイテムを紹介

FASHION

カーキパンツ コーデ メンズ特集!印象を格上げする術や注目スナップ&おすすめアイテムをピックアップ

FASHION

ミリタリージャケット メンズ コーデ 特集!種類別に注目の着こなしを紹介

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ