日本の皇室御用達の革靴ブランドといえば?

Share

ジョンロブやトリッカーズなど英国王室御用達、通称ロイヤルワラントを受けた革靴ブランドは日本でも有名だが、日本の皇族が身につけている“皇室御用達”のシューズブランドは意外と知らない方が多いのでは?

スポンサーリンク

皇室の足元は日本最古の革靴ブランド「大塚製靴」が支えてきた

日本の皇族が身につけるものを提供してきた皇室御用達のブランド(正式には宮内庁御用達ブランドで現在はこの制度は廃止されている)。足元を支える革靴のメーカーは日本最古の「大塚製靴」だ。大塚製靴は1872年(明治5年)に創業された日本の革靴ブランドであり、西洋靴という新しい文化を日本に定着させ日本人の足に合った靴を追求してきた、まさに日本を代表する存在。この歴史からしても皇室が身につけるにふさわしい格式を持っていることが分かるだろう。万国博覧会では、明治17年のロンドンと明治22年のパリで銀牌、明治25年のシカゴ万博では金牌の栄誉に輝くなど海外での実績も十分。このブランドの150年にも及ぶ歩みは、日本のドレスシューズの歴史そのものといっても大げさではないだろう。

大塚製靴の靴を探す

【関連記事】日本の革靴ブランドを他にも知りたい方は↓の記事もチェック!

革靴といえば、イギリスやイタリア、アメリカといった海外のブランドに目がいきがちだ...
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

FASHION

スーツに合わせる靴はどう選ぶ?王道からハズしまで一挙に紹介

NEWS

三陽山長が雨の日でも快適な履き心地の新生ドレススニーカー「柔」コレクション5型を発売

FASHION

ネイビースーツに合う靴とは?革靴とスニーカーの2カテゴリでポイントとおすすめのアイテムを紹介!

GOODS

クラークスの隠れた名作ローカットシューズ「ナタリー」の魅力

FASHION

グレースーツに合わせる靴の選び方とは?色のチョイスを主に、革靴とスニーカーの2カテゴリでポイントを解説!

GOODS

クロケット&ジョーンズの柔らかなアンライニングローファー「リッチモンド」に宿る6つの魅力

GOODS

セバゴのクラフツマンシップが息づく「DOCKSIDES(ドックサイズ)」の魅力とは?

GOODS

3万円台まで!コスパ最強のおすすめビジネスシューズ7選

GOODS

職人の技が光るUチップ、三陽山長「勘三郎」の魅力とは?

FASHION

ローファーを私服に取り入れるなら?学生から社会人まで全ての男性が参考にしたいメンズコーデ事例を紹介!

GOODS

バーウィックのタッセルローファー「8491」はコスパ最強の一足。その魅力とは?

NEWS

ベルルッティが、マストロヤンニとウォーホル2人の伝説的顧客が登場する新たな広告キャンペーン「LIVE ICONIC」を公開