この革靴は何式?

Share

革靴の名称は、素材や製法はもちろん、ちょっとしたディテールの違いでも変化する。では、トップ画像の革靴は何式?

スポンサーリンク

正解は“内羽根式”!フォーマルなスタイルに使いやすい革靴

トップ画像の革靴は“内羽根式(うちばねしき)”と呼ばれる。これは靴紐を通すハトメ付きパーツのレースステイが甲部分に入り込んでいる革靴全般を指す。内側に潜りこむことで、羽根が全開しないため、上品で畏まった印象を与えやすくフォーマルなスタイルの足元にフィットするとされている。海外では「オックスフォード」「バルモラル」と呼ばれているため、外国でショッピングする際は頭に入れておきたい。

画像の赤丸部分のパーツがレースステイ

ちなみに、内羽根式の革靴の起源は、1853年にヴィクトリア女王の夫君アルバート公が王室御用達の靴屋に作らせた説が有力だ。アルバート公が好んでいたスコットランドの王室御用邸である「バルモラル城」にちなんで、バルモラルと呼ぶようになったと言われている。

【関連記事】イギリス紳士靴ブランドの内羽根ストレートチップ特集!

今回は、“イギリス紳士靴ブランド”が手がけた、伝統的かつ気品にあふれる「内羽根ス...

【関連記事】内羽根ストレートチップ 定番モデル 特集!選んで間違いなしの名靴13傑

ビジネスシーンはもちろん冠婚葬祭まで幅広く活躍する“内羽根ストレートチップ”。せ...
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

GOODS

クラークスの隠れた名作ローカットシューズ「ナタリー」の魅力

FASHION

グレースーツに合わせる靴の選び方とは?色のチョイスを主に、革靴とスニーカーの2カテゴリでポイントを解説!

GOODS

クロケット&ジョーンズの柔らかなアンライニングローファー「リッチモンド」に宿る6つの魅力

GOODS

セバゴのクラフツマンシップが息づく「DOCKSIDES(ドックサイズ)」の魅力とは?

GOODS

3万円台まで!コスパ最強のおすすめビジネスシューズ7選

GOODS

職人の技が光るUチップ、三陽山長「勘三郎」の魅力とは?

FASHION

ローファーを私服に取り入れるなら?学生から社会人まで全ての男性が参考にしたいメンズコーデ事例を紹介!

GOODS

バーウィックのタッセルローファー「8491」はコスパ最強の一足。その魅力とは?

NEWS

ベルルッティが、マストロヤンニとウォーホル2人の伝説的顧客が登場する新たな広告キャンペーン「LIVE ICONIC」を公開

NEWS

日本が誇る高級紳士靴ブランド三陽山長が「匠」シリーズの新作モデル2型をリリース!

COLUMN

ジェームズ・ボンドの愛用品「007 スペクターで着用したクロケット&ジョーンズのダービーシューズはどのモデル?」

FASHION

イマ履きたいレッドウィングのブーツ。5つの定番モデルと海外メンズコーデ事例をピックアップ!