【急募】編集サポートスタッフ募集中!

偉人に愛されたフランスが誇る老舗時計ブランド「LIP(リップ)」の魅力を徹底解剖!

Share

幅広いデザイン性と革新的な機能性で数々の偉人を虜にしてきた老舗ウォッチブランド「LIP(リップ)」。ユニークなデザインを特徴とするアイコンモデル「マッハ2000」を筆頭に、現在でもさまざまな時計を発表し、ブランド創立から150年以上経った今でも衰えない人気を確立している。今回は、そんな「LIP(リップ)」が数多くの人々を魅了してきた理由を徹底解剖していく。

フランスを代表する時計ブランド「LIP(リップ)」とは?

ブランドの創設者であるエマニュエル・アイザック・リップマン氏は時計職人だった父親の影響を受け、1867年にフランスの東部の街、ブザンソンにて時計工房を設立した。これが「LIP(リップ)」が誕生したきっかけとなる。時計ブランドと言えばスイスが有名で「OMEGA(オメガ)」や「ROLEX(ロレックス)」、「TAG HEUER(タグ・ホイヤー)」などが挙げられるが「LIP(リップ)」はこれらのブランドよりも長い歴史を持つ。世界で初めて暗闇で時間を目視できる燐光文字盤を発明したり、“エレクロニック”という電気時計を発表、フランスで初の200m防水を実現したモデルを開発するなど、常に革新的な機能を実現している。1950年代には50万本以上の時計を生産したと言われており、スイスの有名時計ブランドの「Breitling(ブライトリング)」や「BLANCPAIN(ブランパン)」とのダブルネームも発表し、話題を呼んだ。クラシックな時計づくりは勿論、フランスの工業デザイナー ロジェ・タロン氏とのコラボモデルを発売するなど、フランスらしいクラシカルな要素と、斬新で遊び心のあるデザインを展開し、長きにわたって多くの人々から高い評価を得ている。また、現在でもフランス国内の工房でひとつひとつ丁寧に作り上げているのも魅力だ。

LIPの時計を探す

数々の偉人が手にしたリップの時計

その革新的な機能性を持ち合わせた時計は、多くの偉人たちをも魅了した。リップを創業する前、創業者のリップマンはフランスの英雄ナポレオン1世に腕時計を贈呈し、彼はその時計を愛用していたと言われている。また“プレジデントウォッチ”としても有名で、1958年に誕生し話題を読んだリップの名作、キャリバーR27を搭載したモデルをフランスのシャルル・ド・ゴール大統領、アメリカのアイゼンハウアー大統領に贈呈。1948年にはドイツ軍からフランスを解放した功績を称え、イギリス首相のチャーチル氏に「チャーチル」と名付けた時計を贈呈した歴史を持つ。時を経て1994年にも、第二次大戦終戦50周年として、アメリカのクリントン大統領にも時計を贈呈しており、まさに“プレジデントウォッチ”としても有名なブランドなのである。

LIPの時計を探す

リップの代表モデルといえば「マッハ2000」コレクション

1974年にファーストモデルが発表された「マッハ2000」。フランスの高速鉄道のデザインを手がけたフランス生まれの有名工業デザイナー ロジェ・タロン氏が“21世紀になっても古びないデザイン”を目指して作った画期的なモデルだ。あの時計デザインの奇才アラン・スタイン氏も愛用していた時計で、類を見ない印象的なアシンメトリーデザインと、イエロー・ブルー・レッドのカラフルなサイドのプッシュボタンが、それまでクラシカルなデザインの時計が多かったリップにとって革新的なモデルとなり注目を浴びた。そして今もなおリップのアイコンモデルとして人気を誇っている。ユニークなデザイン性が高い評価を得たことにより、ニューヨーク近代美術館(MoMA)にて収蔵作品として、永久保管されている逸品だ。

詳細・購入はこちら

ユニークなデザインだけでなく機能性も抜群なのが「マッハ2000」コレクションが長い間人々から愛されている理由の一つだ。人間工学に基づいて設計された仕様により、快適な使い心地を実現。あえてストラップの中央からズレて左側にセットされている文字盤は、体に文字盤が近づくことによって、より見やすくするための設計となっている。シンプルで太めのハンド(針)で、すぐに時刻が分かるのも特徴だ。また、バンドには薄いラバー素材を採用し、ぴったりと腕にフィットしてくれるのも魅力的なポイント。「マッハ2000」の中でもいろいろな種類があり、メッシュバンドやレディースでも使いやすい小ぶりでスクエア型の文字盤のアイテムも展開されている。ぜひ、あなたのお気に入りのデザインを見つけてみてほしい。

詳細・購入はこちら

おすすめのリップクラシックモデル7選!

リップ おすすめクラシックモデル①「エレガントな印象を醸し出すHIMALAYA(ヒマラヤ)」

1954年にリップの3代目フレッドリップ氏とヒマラヤ山脈マカルーの初登頂で知られる登山家のリオネル・テレー氏の話し合いから誕生した、その名も「HIMALAYA(ヒマラヤ)」。当時フランスの登山家から絶大な人気を誇り、9割の登山家がこの腕時計を愛用していたと言われているほど。メタルやレザーで仕上げられたバンドが高級感を演出し、文字盤のインデックスには丸みのあるフォント採用しているため視認性も非常に高い優れモノ。先にかけて細くなるハンド(針)が洗練された印象に仕上げてくれるアイテムだ。耐久性にも優れており、オンオフどちらのシーンでも使い込めるデザインとなっている。

詳細・購入はこちら

リップ おすすめクラシックモデル②「ヴィンテージ感漂うDAUPHINE(ドーフィン)」

50年代を彷彿とさせる渋いデザインが特徴のDAUPHINE(ドーフィン)。1950年後半より人気となったフランスの小型自動車「ドーフィン」から着想を得て誕生したモデルだ。ミニマルなデザインで、アクセサリー感覚で着用できる手軽さと、ヴィンテージ感漂うこなれた雰囲気も魅力のひとつ。文字盤には反射によって表情が変わる「サンレイ仕上げ」を採用。細部までこだわった仕様で高級感を演出してくれるアイテムだ。

購入・詳細はこちら

リップ おすすめクラシックモデル③「大統領に贈った腕時計 CHURCHILL(チャーチル)」

アールデコ調のデザインを配した「CHURCHILL(チャーチル)」。1948年、フランス政府がドイツからフランスを解放したことを称え、ウィストン・チャーチル首相に贈呈したモデルからこの名称となった。スクエア型のツートーンの文字盤、リップのロゴが配された時刻の調整をするリューズがこのモデルのポイント。細めのレザーやメタルのバンドで上品な存在感を醸し出してくれる。歴史的なバックグラウンドのあるリップに欠かせないモデルだ。

詳細・購入はこちら

リップ おすすめクラシックモデル④「200m防水を可能にしたNAUTIC-SKI(ノーティックスキー)」

1968年のフランス・グルノーブル冬季オリンピックを記念して登場したNAUTIC-SKI(ノーティックスキー)。フランスの時計で、初めて200m防水を可能にした記念すべきモデル。本格的なダイバーズウォッチらしからぬヴィンテージ感溢れるラグジュアリーなデザインで、オンオフ問わずさまざまなシーンで着用できるのが喜ばしい。時計の文字板を丸く囲むように設けられた可動式の回転ベゼルを文字盤内に収めたインナーベゼル仕様。ベゼルの使い方をマスターすることで、デザインだけでなく機能性も楽しめるアイテムに仕上がっている。機能的なパンチングが施されたバンドがダイバーズウォッチらしさを醸し出しているモデルだ。

詳細・購入はこちら

リップ おすすめクラシックモデル⑤「レトロクラシカルなデザインのVALENTIN(ヴァレンティン)」

無駄を省いたミニマルなデザインが特徴の「VALENTIN(ヴァレンティン)」。シンプルなバーインデックスがこなれ感をプラスしてくれるアイテムだ。文字盤のカラーも豊富で、ビジネスシーンの手元をオシャレに彩ってくれる。傷のつきにくいサファイアガラスを採用し、耐久性に優れており使いやすいアイテムとなっている。両サイドのステッチが特徴のレザーバンドが、レトロクラシカルな雰囲気を醸し出してくれる。

詳細・購入はこちら

リップ おすすめクラシックモデル⑥「大統領に愛されたモデル GENERAL DE GAULLE(ジェネラル ド ゴール)」

フランスのシャルル・ド・ゴール大統領に愛され、米国のアイゼンハウアー大統領、クリントン大統領にも贈呈された、通称“プレジデントウォッチ”と呼ばれるモデル。多くの大統領に愛された深いバックグラウンドと、高級感を演出してくれるデザインが他のブランドでは手に入らない価値のある時計に仕上がっている。太めのバーインデックスとフラットなハンド(針)で、文字盤の視認性も非常に高く使い心地もGOOD。時計を規則正しく動かす重要なパーツ「ムーブメント」には、日本製の「ミヨタムーブメント」を採用。厳しい品質基準をクリアした優秀なパーツを備えているのもこのモデルの魅力だ。

リップ おすすめクラシックモデル⑥「大統領に愛されたモデル GENERAL DE GAULLE(ジェネラル ド ゴール)」

詳細・購入はこちら

リップ おすすめクラシックモデル⑦「車から着想を得たRALLYE(ラリー)」

車好きだったリップ3代目のオーナーであるフレッド・リップ氏が、愛用のフェラーリのダッシュボードをイメージしてデザインされた「RALLYE(ラリー)」。モータースポーツのラリーから取った名称は、ドライブやモータースポーツの際に着用する時計として1950年代に登場したモデルだ。モータースポーツのイメージに合わせながらも、スポーティすぎないエレガントさを持ち合わせたデザインで、ビジネスからリラックスしたファッションでも決まる仕様となっている。レザーバンドに施された等間隔で開けられたホールがアクセントになり、注目度間違いなしのアイテムに仕上がっている。

詳細・購入はこちら

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

FASHION / PR

トレンド最前で熱視線を浴びる“グリーンウォッチ”を意のままに操る4つのコーデ術

NEWS

高級時計専門マーケットプレイス「クロノ24」にて、オメガのリクエスト数が過去最高値を記録!

NEWS

カシオークがついにパワーアップ!ハイテク機能が追加されたG-SHOCKの人気シリーズ「GA-2100」の新作が登場

NEWS

ロレックス GMTマスターⅡ の新作 “緑×黒” の愛称が早くも決定か?

NEWS

タグ・ホイヤーが驚異的な防水性を誇る新作ダイバーズウォッチ「アクアレーサー プロフェッショナル1000 スーパーダイバー」を発表

FASHION / PR

お洒落偏差値UPのためにマスターしておきたい「服×時計」の組み合わせ3事例

NEWS

チューダーが名作ブラックベイの新モデルを発表!3種類の快作が4月から順次登場

NEWS

オメガとスウォッチが初のコラボ!天体をイメージした11種のスピードマスターが登場

GOODS

「G-SHOCK(Gショック)」で買って間違いなしの名作デジタル時計8選!

COLUMN

『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』で着用されていた“ボンドウォッチ”といえば?

NEWS

G-SHOCKの最高峰シリーズ「MR-G」に、初号機のデザインを採用したファン待望のスクエアモデルが登場!

NEWS

ザ・バットマン×フォッシルのカプセルコレクションが数量限定で発売!