エスパドリーユ メンズ コーデ特集

「エスパドリーユ」といえば、底面に麻の素材を採用することで足元を涼感のある表情に仕上げてくれる夏の定番アイテムだ。今回は「エスパドリーユ」にフォーカスして注目の着こなし&アイテムをピックアップ!

スポンサーリンク

エスパドリーユとは

アッパーがキャンバス地、ソールがジュート麻で構成されたスリッポンスニーカーの一種。最近ではRivieraのように「エスパドリーユのデザインを踏襲しつつミッドソールにラバーを巻きつけたタイプ」も含めた総称としてエスパドリーユという呼称が使われるのが一般的だ。

エスパドリーユの起源

エスパドリーユは、バスク地方(スペインとフランスの国境)が起源、現在も主な製造国はスペインとフランスだ。ちなみに呼称は、エスパルトと呼ぶイネ科の草を使用していたことが由来している。さらに歴史をさかのぼって「紀元前に栄えたローマ帝国の初代皇帝アウグストゥスなど権力者達が愛用した履物が起源」という説も存在。当時は農地や港湾での作業靴として活用されていた。

そんな作業靴であったエスパドリーユをファッションシーンに押し上げるきっかけとなったのは、イヴ・サンローランによるウェッジタイプのエスパドリーユのコレクション発表による1960年代の世界的なエスパドリーユブームだ。こちらで制作を担当したのは1927年創業の老舗エスパドリーユメーカーであるカスタニエール社。これを機に同社は世界中に知れ渡ることとなり、シャネル、クリスチャンルブタン、ロエベなどそうそうたるブランドのシューズコレクションを手がけていった。ちなみに、現在のカスタニエール社の主要販売先はイタリア、日本、フランスの順となっておりファッション先進国を中心に世界で愛されているアイテムとなっている。

エスパドリーユ×スーツスタイル

ネイビーとグレーでオーセンティックに仕上げたスーツスタイル。エスパドリーユをチョイスした足元が涼感を演出。スーツはグレー、小物はネイビーで色味を使い分けたスタイリングがこなれ感を漂わせる。スーツスタイルの参考にしたいスタイリングだ。

エスパドリーユ×グレーパンツコーデ

ブラックのエスパドリーユにグレーパンツを合わせたコーディネート。ブラックが暑苦しい印象を与えやすいカラーだが、エスパドリーユの素材感が涼感をしっかりとキープしている。ロールアップと組み合わせて軽快な雰囲気の足元を表現。

エスパドリーユ×白パンツスタイル

ボーダー柄が配されたエスパドリーユに白パンツを合わせた爽やかなスタイリング。染め加工が施されたネイビーTシャツを合わせてマリンテイスト漂う仕上がりに。足首の細い部分のみを上手く露出した絶妙なパンツの丈感がポイント。

エスパドリーユ×ナイロンパンツコーデ

エスパドリーユにナイロンパンツを合わせてスポーツテイストをプラスしたコーディネート。細幅のボーダーTシャツが程よいアクセントに。小物を最小限に抑えたスタイリングによって洗練された印象を演出。

 

エスパドリーユ×ベージュスーツスタイル

大人の爽やかさを演出するベージュスーツにエスパドリーユを合わせたスタイリング。白アイテムを随所に投入することで、アースカラーの土っぽさを大人の色気へと昇華させている。レザー製のクラッチバッグやクリップオンタイプの量感あるサングラスの取り入れによってより精悍な表情に。

エスパドリーユ×ジャケパンコーデ

ベージュとホワイトでまとめた大人の色気漂うジャケパンスタイル。Tシャツとダメージジーンズといったラフなアイテムも、色味とアイテムの組み合わせによって気品溢れる表情に仕上げている点に注目したい。カジュアルライクなジャケパンスタイルには3パッチタイプのテーラードジャケットがよく似合う。

エスパドリーユ×ジャケパンスタイル

ジャケパンスタイルのハズしで足元にエスパドリーユを合わせて夏仕様に。インナーにチョイスしたデニムシャツとアッパーの色味をリンクさせることで洒脱な雰囲気を醸し出す。シャツをタックアウトしたさりげない着崩しのバランス感覚にも注目だ。

エスパドリーユ×ブラックパンツスタイル

エスパドリーユに黒スラックス、Tシャツのタックインや細幅のベルト使いが今っぽいフェミニンな雰囲気を絶妙に漂わせるスタイリング。Tシャツの裾はクッションができるように浅めにインしてふんわりとしたシルエットを構築するのが違和感の無いタックインスタイルへの鍵だ。

エスパドリーユ×ネイビースーツスタイル

エスパドリーユにネイビースーツを合わせたスタイル。マスタードカラーのアッパーデザインをチョイスすることでアクセントをプラス。足元にクッションを作らないノークッション丈のパンツとエスパドリーユは好相性だ。インナーは白Tシャツをタックインでセット。

 

エスパドリーユ×ネイビーパンツコーデ

ブルー系のアイテムで全身をまとめることで統一感のある印象を演出したコーディネート。エスパドリーユはタッセルをプラスしたローファー型のアッパーデザインをチョイスすることで締まりのある雰囲気に。シャツのタックアウトスタイルは、タイトなサイジングチョイスによって野暮ったい印象を回避。

エスパドリーユ×ブラウンスーツスタイル

ブラウンのアースカラーをスーツにチョイスしたダンディな雰囲気漂うスタイリング。サングラスのレンズからエスパドリーユのアッパーまでブラウンで統一させる徹底ぶりがポイントだ。Vゾーンにチョイスしたネイビー×ブラウンのアズーロ・エ・マローネを表現したネクタイがアクセントに。

エスパドリーユ×チノパン×サスペンダーコーデ

ヴィンテージ加工が施されたエスパドリーユにチノパンとストライプシャツ、サスペンダーを合わせたコーディネート。サスペンダーのベルトにストライプデザインをチョイスすることでストライプシャツにアクセントをプラス。洗い加工が施されたチノパンとエスパドリーユの組み合わせが相性◎。

エスパドリーユ×ショートパンツスタイル

エスパドリーユにショートパンツを合わせて清涼感溢れる印象に仕上げたスタイリング。ホワイトTシャツはラグランスリーブのデザインを採用することでスポーツテイストをさりげなくプラス。タフウォッチの組み合わせがアクティブな印象を加速させる。

エスパドリーユ×チノパン×デニムシャツスタイル

チノパンにネイビーのエスパドリーユを合わせてコントラストをきかせたスタイリング。デニムシャツはタックインして、タイ&ハングの巻き方で腰に合わせたメッシュベルトをみせることでアクセントに。

エスパドリーユ×スーツスタイル

キャンバス素材のアッパーがエスパドリーユの定番だが、中にはスエードレザーを採用したモデルもコレクションブランドを中心に多く展開している。レザーならではのドレッシーな出で立ちは、スーツスタイルと好相性。ベージュとライトブルーのカラーリングとエスパドリーユの涼感が爽やかさ溢れる表情を構築する。

エスパドリーユ×黒パンツコーデ

アール・デコ調のテキスタイルがアッパーに採用されたエスパドリーユにクロップド丈にロールアップした黒パンツを合わせて抜け感溢れる印象に仕上げたコーディネート。全身をモノトーンアイテムでまとめることでモードな雰囲気を漂わせる。

エスパドリーユ×プリーツパンツコーデ

エスパドリーユにプリーツパンツを合わせてクラシカルな雰囲気を漂わせたコーディネート。ベージュカラーのアイテム同士を組み合わせることでまとまりのある印象を演出。トップスにエスニック調のシャツをチョイスして個性をプラス。

エスパドリーユ×サイドラインパンツコーデ

エスパドリーユにサイドラインが走るスポーティなグレーパンツを合わせてアクティブな印象をプラスしたコーディネート。チェックシャツは玉縁ポケットが胸に配されたり前立てにパイピングを採用したひねりのあるデザインだ。さりげないこだわりの詰まったアイテムチョイスがスタイリングのオリジナリティを高めている。

エスパドリーユ×黒コーデ

ブラックアイテムで全身をまとめてシックな印象を演出したコーディネート。大人の黒コーデはテクスチャーの違いでメリハリを付けるのがポイント。ナイロンパンツとリネンのエスパドリーユによるテクスチャー違いのシャリ感が涼感のある表情へと導く。

エスパドリーユ×ジーンズスタイル

エスパドリーユにジーンズを合わせたスタイリング。統一感を与えるようにトップスはライトブルーをチョイスして爽やかさ溢れる印象に。クロップド丈を採用したジーンズのデザインがエスパドリーユと絶妙にフィット。

エスパドリーユ×パッチワークデニム×ミリタリージャケットコーデ

アッパーに採用する素材の自由度が高いエスパドリーユはカラーバリエーションも豊富。ミリタリージャケットと色味をリンクさせることでまとまりのある雰囲気を演出したコーディネート。パッチワークデニムの組み合わせが武骨な雰囲気を漂わせる。

エスパドリーユの鉄板ブランド紹介!

エスパドリーユ「Castaner(カスタニエール)」

1927年Luis CastanerといとこのTomas Serraによって小さなワークショップから始まったスペインのブランド。創業が1810年と歴史が古く、有名メゾンからの受注など圧倒的な実績と実力を誇る。製造は全てハンドメイドにこだわって行われている。日本では、六本木のミッドタウン、有楽町ルミネ、大阪梅田ブリーゼブリーゼ、福岡天神VIOROに専門ショップを展開。

詳細・購入はこちら

エスパドリーユ「gaimo(ガイモ)」

靴づくりの長い伝統をもつスペイン、アルネドで1978年にスタートしたシューズブランド。熟練の職人がひとつひとつハンドメイドするエスパドリーユは、デザイン性の高さと履き心地の良さに定評があり、世界中で愛され続けている。日本では、専門ショップは無いもののビームスをはじめとするセレクトショップ各店や伊勢丹で取り扱いがある模様。

詳細・購入はこちら

エスパドリーユ「Rivieras(リヴィエラ)」

フランスのデザイナー2人組が手がけるシューズブランド。シンプルでスタイリッシュなデザインとコストパフォーマンスの高さが魅力だ。エスパドリーユとスリッポンスニーカーをミックスしたようなデザインがファッショニスタの間で注目されている。メッシュのアッパーやジュードと一体となったラバーソール、取り外し可能なレザーのインソールなど、快適に履ける機能性も魅力的。

 

詳細・購入はこちら

エスパドリーユ「Zabattigli(ザバッティーリ)」

カプリ島にて活動するエスパドリーユ専業のシューズメーカー。代々受け継がれてきた技法にのっとり、アッパーにはコットンやリネンを使い、ソールはラバーを張らず通気性を確保した麻ジュートロープ天然素材のみを用い、ハンドメイドにて現在も生産されている。シンプルなデザインながらも、かかと部分に配したブランドタグがさりげないアクセント。

詳細・購入はこちら

エスパドリーユ「MANEBI(マネビ)」

2011年に発足したイタリアのシューズブランドが「MANEBI(マネビ)」だ。南仏のリゾート・サント ロぺの街の名前MANEBIがブランド名の由来だ。カジュアルかつラグジュアリーなサマースタイルをテーマにスペイン発のエスパドリーユをシックで上品なデザインに変化させ、今までにないユニークでコンテンポラリーなエスパドリーユシューズを提案している。イタリアの生地や革を使用する等クオリティーの高い靴作りが人気だ。

詳細・購入はこちら

エスパドリーユ「Don Pepe(ドンペペ)」

東京を拠点として2016年にデビューしたブランド「Don Pepe(ドンペペ)」。十数年に渡りヨーロッパ各国のファクトリーと提携し、数々のアパレルブランドのシューズ制作に携わってきたデザインチームによるシューズブランドだ。信頼関係を築き上げてきたファクトリーとともにつくり上げることで、細部まで行き渡ったデザインとデイリーユース可能なプライスを実現している。

詳細・購入はこちら

エスパドリーユ「Pedro Manzanas(ペドロマンザナス)」

KEPTやLARDINIなど、数々のシューズのコンサルティングを手掛けているピエトロメーレ氏がスペインから発信する新しいエスパドリーユコレクション。シンプルな構造で出来ている為、長時間歩行が難しいエスパドリーユを通常製法+インソールの下に低反発素材を入れることによって、 驚くほど柔らかくスニーカーのような履き心地を実現している。

詳細・購入はこちら

エスパドリーユ 履くときの注意

※ソールが麻素材、アッパーも薄手なので素足で履きたくなるところですが、真夏は意外と蒸れます!”隠れて見えないインナーソックス”を履くことをおすすめします!
※サンダルのようにかかとをつぶして履くのも良いですが、つぶして何度も履くと、エスパドリーユのかかと部分が痛んで破れてしまったりします。いざかかとを踏まずに履こうとした時に使えなくなるのが意外と早いので、かかとをつぶすなら文字通り履きつぶし覚悟でいきましょう。

FOLLOW US