banner

東京ビジネスマン図鑑vol.2「世界を股にかける起業家編」

東京の中心で様々な業界や業種の第一線で活躍するビジネスマンのリアルな装いと日常を紹介していく連載企画である「東京ビジネスマン図鑑」。今回は「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」とのコラボレーション。登場するのは、起業家の久保裕丈(くぼひろたけ)氏だ。

久保裕丈氏の経歴

久保氏は1981年東京生まれ。優れた起業家を多数輩出する海城高校を卒業後、東京大学の工学部に進学。
東京大学大学院新領域創成科学研究科を修了後、2007年に外資系戦略コンサルティング会社であるA.Tカーニーに入社。
5年の勤務ののち、2012年に女性向けの人気ファッションブランドの通販サイトであるMUSE&CO.(ミューズコー)を設立する。事業は堅実に軌道に乗り、2015年に大手IT企業に晴れてMUSE&CO.を売却した。

現在は、TV局やファッションブランド、EC企業など多数の企業の顧問をしながら次なる新規事業の立ち上げ準備を進めており、シリコンバレーやニューヨーク、ロンドンなどを頻繁に往復する多忙なジェットセッターな日々を送っている。

ビジネスパートナーからの信頼を獲得するという点でスーツスタイルを重要視する久保氏。ベーシックな着こなしの中にも、トレンド感や品の良さを”さりげなく”、”バランス良く”取り入れることでセンスの良さを垣間見せるのが久保氏のスタイルだ。洒脱な印象を放つウィンドーペンチェックのグレースーツのネイビーチェックにあわせるようにネイビータイを選択し色数を絞っていることに加え、ホワイトドレスシャツやプレーントゥのブラックシューズといったベーシックアイテムを組み合わせることで、落ち着きのあるスタイリングが完成。

ERMENEGILDO ZEGNAの紺ドット柄ネクタイ(FARFETCH) DOUCAL’Sの黒フォーマルダービーシューズ(FARFETCH) その他はスタイリスト私物

ビジネス成功の裏にある確かなリスクヘッジ

起業1社目の成功に甘んじることなく、2社目の起業を模索する久保氏。ビジネスミーティングやリサーチのためにシリコンバレーやニューヨークに頻繁に出張しているそうだ。 当然ながら日本と海外は勝手が異なるので頻繁に海外出張に出かければ大小様々なトラブルが発生することもあり得る。そんな万が一の事態にも「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は、その真価を発揮する。

たとえば急なトラブルによるフライトの変更・予約も「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」を所有していれば、サービスデスクへの電話一本で対応してくれる。また、出張がタイトスケジュールになることが多い久保氏にとってプライオリティ・パス*1は嬉しいサービスだという。空港ラウンジは会社オフィス、自宅に次ぐ、いわば、”第3のオフィス”。国内外700か所以上の空港VIPラウンジを年会費無料で使えるためどこへ行っても安定的に職務を遂行できるとのこと。また、頻繁に海外に行けば現地で健康トラブルに見舞われるリスクもある。そんな時、オーバーシーズ・アシスト*2の緊急支援サービスを利用すれば、アメリカン・エキスプレスが医療機関と交渉して適切な治療を受けられるようサポートしてくれる。そんな手厚いサポートがあるからこそ、安心してハードワークに邁進できるという。久保氏にとって「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は”リスクを取るためのセーフティー・ネット”と言えるかもしれない。

ERMENEGILDO ZEGNAの紺ドット柄ネクタイ(FARFETCH) DOUCAL’Sの黒フォーマルダービーシューズ(FARFETCH) その他はスタイリスト私物

多忙な海外出張の合間をぬって現地のレストラン開拓

A.T. カーニー時代から会社売却後も多忙な日常を送る久保氏。忙しすぎる位の方が自分の性に合っているという。そんな生活の中でもスケジュールの隙間をぬって、時間が許す限り現地のレストランを開拓したり、スケジュールを柔軟に変更しながら隣国に寄り道したりすることもあるそうだ。最近では、フィレンツェに出張に行った際に1日予定の空きができたためにパリに立ち寄った久保氏。その際、「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の「オーバーシーズ・アシスト」を利用してコンシェルジュに食事場所の相談をしたところ、予約困難なことで知られるパリでも評判の三つ星レストランの予約がかなったという。世界を舞台に公私にわたってアクティブに活動する久保氏にとって、「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は、今や決して欠かせない相棒となっている。

テーラードジャケット、シャンブレーシャツ、トラウザーズ、ソックスに至るまでネイビー/ブルー系のアイテムでかためたトーン・オン・トーンスタイルが印象的。星付きレストランでも一目おかれること請け合いの着こなしだ。

ハリス ワーフ ロンドンの紺ジャケット4万5000円(エストネーション 03-5159-7800)ルイジ ボレッリのペイズリータイ1万6000円(エストネーション 03-5159-7800)ジャラン スリウァヤの茶タッセルスリッポン3万2000円(GMT 03-5453-0033)その他はスタイリスト私物

今なら男前研究所読者限定で「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」が初年度年会費無料

*1プライオリティ・パス
国内外700ケ所以上の空港VIPラウンジをご利用いただける「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に、基本カード会員様と家族カード会員様は年会費無料(通常99米ドル)でご登録いただけます。さらに、127米ドルの利用料が年間2回まで無料になります。

*2オーバーシーズ・アシスト
レストランのご予約をはじめ、医療機関のご紹介など緊急時の支援まで、世界中のほとんどの国から、24時間通話料無料またはコレクトコールでご連絡いただけます。24時間日本語で対応。

撮影協力:347CAFE&LOUNGE ( 03-5766-3798 )

FOLLOW US