カーキに合うのは何色?着こなし事例とともに相性の良いカラーを6つ紹介!

Share

ミリタリーアイテムで取り入れられることの多い「カーキ」。メンズ定番のカラーであるため、どんな色に合うかを認識しておくと普段のコーディネートの幅が今よりもさらに広がることうけあいだ。そこで今回は、カーキに合う色を6つピックアップして実際の着こなし事例とともに紹介!

スポンサーリンク

まずカーキとはどんな色?

「Khaki:カーキ」は英語で“土埃”を意味する単語であり、黄色がかった明るいブラウン系の(明るい黄褐色またはベージュ色)色を指す。この名付けの背景としては、19世紀半ばに植民地のインドに駐留していたイギリス軍が白い夏服の汚れを目立たなくし、さらに周囲の風景に溶け込めるようなカモフラージュとして、土を使って染色をしたことから生まれた色味とされている。

日本産業規格によるJIS慣用色名においては「茶色がかった黄色」と定義されているが、実際はブラウン系にとどまらずオリーブグリーンなどもカーキとして認識されていることが多く、かなり広い幅をもって使われている。下の画像のような一般的な迷彩柄に使われることが多い色、と考えると分かりやすいかもしれない。日本ではファッション業界をはじめとして、本来の土色ではなくオリーブグリーンをカーキと呼ぶ傾向にあるが、 これは軍服のイメージに関連すると推察され、米国の「アーミーグリーン」に似た「Olive drab:オリーブドラブ(グレイッシュなグリーン、グリーンぽいブラウン)」をカーキとして捉えるようになったからではないかというのが通説だ。

それゆえ、海外では本来の意味の“土色”であるブラウン系のKhakiのみをカーキと呼ぶ場合がほとんどで、グリーン系のオリーブグリーン、ミリタリーグリーンとは区別されることが多い。リーバイスが展開するチノパンブランド「DOCKERS(ドッカーズ)」の公式サイトにも、カーキ色は薄茶色の黄色がかった色、砂のような黄褐色の色合いで、今日では「キャメル」または「ベージュ」と呼ばれることもあると記されている。

2/3GO TO NEXT PAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

FASHION

黒スウェットパンツのメンズコーデ8選!旬に着こなすアイデアと共におすすめアイテムを紹介

FASHION

紺ジャケットの着こなし術を海外のファッショニスタから学ぶ。洒脱なメンズコーデサンプル6選

FASHION

デニムパンツ コーデ特集!ジーンズだけでなくデニスラやヒッコリーにもフォーカスしたメンズの着こなしを紹介

FASHION

エンジニアブーツとは?ワイルドなデザインを活かしたメンズコーデサンプルも紹介!

FASHION

ドイツの軍用スニーカー「ジャーマントレーナー」はマルジェラによってファッションアイテムに?その歴史とメンズコーデ事例を一挙紹介!

FASHION

ネイビーに合う色とは?海外のメンズコーデをサンプルに好相性な6色を紹介!

FASHION

ネイビージャケット コーデをストイックに締める黒パンツ合わせのコツとは?

FASHION

アレッサンドロ・スクアルツィ(Alessandro Squarzi)氏に学ぶ着こなし術!イタリア的解釈の大人アメカジコーデに注目

FASHION

黒マウンテンパーカーを着こなすためのヒントとメンズコーデ事例集

FASHION

Tシャツ コーデは“レイヤード”するだけでおしゃれ度が倍増する!春夏着こなしのマンネリ打破の参考になる海外スナップを紹介

FASHION

5月の服装に最適なメンズコーデを海外スナップから学ぶ。着こなし事例とおすすめアイテムを紹介!

FASHION

3つの視点で見る白ワイドパンツのメンズコーデ術