OTOKOMAEが考える“最高のジーンズ”が数量限定で伊勢丹にて発売!

Share

世界中で撮り下ろしたストリートスナップの特集をはじめ、これまでOTOKOMAEが大量に発信してきた“ジーンズ”にまつわるコンテンツ。そのなかで最も多く閲覧&保存されたスナップデータを元に、理想的なデザイン・シルエットをなんとアメカジの王様デニム“リーバイス 501”で再現!しかも作り手は、あのデニムのカリスマたち。伊勢丹新宿店・オンラインストアでの期間限定販売のため、ぜひチェックしてみて欲しい。

OTOKOMAEの大人気スナップを元に理想のジーンズを“リーバイス 501”で再現

メンズファッションの大定番アイテム「ジーンズ」。世界中の洒落者が愛用しており、海外のリアルなストリートスナップを見て「こんな風にジーンズを穿きこなしたい!」と願望を抱いた経験がある方は少なくないはず。しかし、理想の着こなしを見つけたは良いものの「サイズ感」「シルエット」「デザイン」「ブランド」など、デニムは奥が深いゆえにチェックすべきポイントが多く、実現するまでの道のりは長く手間が掛かる。一枚一枚吟味して選ぶのも楽しみ方のひとつだが、十分な時間や工数をかけられないという多忙な男性も多いのでは?そんな方に向けて、OTOKOMAEは今まで発信してきたコンテンツの中で最も閲覧数、保存数などのエンゲージメントが高かったスナップデータを集計。誰もが認める“リーバイス 501”のユーズドストックを使い、デニムのカリスマが選ぶ誰が見てもイイ感じのデザインのジーンズを再現した。全て“一点モノ”で他と被らないジーンズとなっている。

商品詳細はこちら

魅力①「アメカジから都会的な上品コーデまで幅広く使える万能テーパードシルエット!」

いまでも不動の人気を誇り、多くのファッショニスタが愛してやまない“リーバイス 501”。オーセンティック回帰の流れもあり、改めて興味の熱が高まっている方も少なくないはず。しかし、当時の空気感のあるリーバイスを求めて古着屋にある501を試着してみると、何故かシルエットが野暮ったく感じるという方は多いのでは?現代的スタイルにマッチさせるには、そのまま古着を取り入れるだけでなく、もうひと工夫が必要だ。実は、多くの業界人やファッショニスタはリーバイス 501を穿く際、理想のシルエットに“お直し”を入れている。

商品詳細はこちら

そんな現代的スタイルにマッチするお直しを取り入れたのが今回のジーンズだ。アメカジはもちろん、クラシコイタリアの洒落男たちが好むような上品さのあるコーディネートまでカバーする万能なテーパードシルエットにリメイク。デニムの持ち味を最大限いかした“インシームでの調整”を採用しているため、シルエットは現代的ながらリーバイス 501の魅力を骨の髄まで味わえる。

商品詳細はこちら

魅力②「“米国リーバイス公認”の一点モノ古着をリメイク!理想のジーンズは地球に優しいサステナブルなプロダクト」

今回ベースとして使用されている“リーバイス 501”は、すべて米国から直接買い付けた一点モノの古着だ。これは米国リーバイス本社がリメイクでの使用を特別に公認しているもので、管理はアパレル業界を裏方から25年以上サポートし続けているヤマサワプレスが行っている。使用するジーンズは全てクリーニング済み。デニム専用に開発された洗剤を使い「つけ置き」「ブラッシング」「すすぎ」「脱水」「乾燥」というクリーニングのプロセスをほぼ人の手によって完結。通常のクリーニングより手間隙かけて行うことで、デニムの風合いやインディゴの自然な色味はキープしつつ“99.9%無臭”と言っても過言ではないほどにクリーンな状態まで仕上げられている。

商品詳細はこちら

ウォッシュのきいたデニムはどれも柔らかい快適な穿き心地!

デニムといえばリジットデニムの武骨な質感を思い浮かべる方は少なくないだろう。今回のジーンズは、すべてウォッシュがきいているため、非常に柔らかい穿き心地だ。肌馴染みがとても良く、スマートなシルエットで綿100%の生地ながら窮屈さを感じさせない。

商品詳細はこちら

魅力③「デニムのカリスマが選ぶ理想的な“一点モノの色落ち”が手に入る!」

ジーンズのリメイクを手がけるのは“渋カジ”を作った男と言われるカリスマ、河原 拓也(かわはら たくや)氏をはじめとした「One-o-Five(ワン オー ファイブ)」のメンバー。ブランド別注という形で、特別に理想のジーンズ作りに協力して頂いた。80・90年代のアメカジカルチャーを築き上げた男たちが本気で選び、縫い上げたジーンズはどれも自然な表情でヴィンテージジーンズさながらの貫禄がただよう。

商品詳細はこちら

“バックボーン”を感じる色落ちデニムの表情がコーディネートを格上げする!

数ある色落ちしたジーンズの中から、今作のベースとして選ぶのは“バックボーン”を感じる自然な色落ちの個体のみ。実際に当時のワーカーが作業着として穿いて出来たであろう自然な色落ちは、人工的に描かれたような加工ものには無い魅力があるという。素人では判別が難しい絶妙な違いを見極めて厳選されたジーンズは、穿いただけでコーディネートを格上げできるのは言うまでもない。「ヒゲ」「タテ落ち」「ハチノス」といったジーンズならではの見どころはもちろん、ポケットに小物を入れ続けてできる角ばった色落ちや微かなペンキのアクセントも、リアルに穿かれてきた個体だからこそ味わえる表情のひとつだ。

商品詳細はこちら

魅力④「そこらの古着じゃ味わえない!ジーンズの魅力を倍増させる“リペア”まで一級品の仕上がり」

古着のジーンズで必ずチェックしたいポイントのひとつが“ダメージ”と“リペア”。古着屋では雰囲気的なデザインのひとつとして、ダメージや穴が空いた個体をそのまま販売する場合が多く、購入してから思わぬところにキズがあったことに気付くなんてことも少なくない。その点、こちらのジーンズは基本的にデザインとして残すダメージ以外は全てリペアしているためご安心を。股下や膝、裾、ポケットなど、塞ぐべき穴は全て遠目ではわからないほど丁寧なリペアが施されている。

 

商品詳細はこちら

ダメージはひとつずつ丁寧にほどいてからリペア。しかも縫製はデニムに特化したサンプル縫製工場で

リペア方法は実に丁寧。擦り切れたり、穴が空いている箇所はどこであろうと全て縫い目をほどいてからリペアを行なっている。デニムのインディゴのトーンに合わせてミシン糸の色味を選定し、細やかなピッチでステッチを叩くことで生地と同化させるような自然な仕上がりは、まさに一級品。さらにこの工程を担うのは、普段からデザイナーズブランドのデニムサンプルなどを縫製している工場の職人だ。一点一点に適切な処置を行える分、大量生産に特化した工場よりも工賃や人件費の掛かるリペアを採用するのは、デニムのカリスマが手掛けているジーンズだからこそ味わえるこだわりのひとつ。

 

商品詳細はこちら

4月5日(火)までの期間限定で受注販売!OTOKOMAE別注ジーンズが買えるのは“三越伊勢丹”の一部店舗のみ

今回のジーンズが購入できるのは、伊勢丹新宿本館と三越伊勢丹オンラインストアのみ。2022年3月23日(水)〜4月5日(火)まで開催される「デニム de ミライ」の期間限定での販売だ。このジーンズの販売方法は受注生産で、注文が入ってから一本ずつ理想的な色落ちのジーンズをピックアップ後、それぞれに適切な縫製&リペアを行う。オーダー前に実物のイメージをチェックしたい方に向けて、期間中の店頭では実物サンプルをサイズ別にラインナップ。店頭でお気に入りの個体に出会えた場合は、そのまま購入もOKだ。

期間中は、河原 拓也(かわはら たくや)氏をはじめとした「One-o-Five」のメンバーが常駐している。オーダー時に対応できる範囲でサイズの微調整や好みの色を選ぶこともできるため、ぜひ足を運んでみて欲しい。場所は伊勢丹新宿本館1Fにあるイセタンシードのスペース(下画像の赤丸部分)。今回の「デニム de ミライ」では、OTOKOMAE別注のジーンズ以外にもあらゆるブランドのデニム商品が展開されているため、気になる方はぜひ足を運んでみて欲しい。商品は全て一点モノのため、色味、ダメージやリペアの仕上がりは多少個体差があることはご了承を。

赤丸部分はOne-o-Five × OTOKOMAEジーンズの販売箇所

【デニム de ミライ ~Denim Project~】

開催期間:2022年3月23日(水)〜4月5日(火)
※一部会場は3月29日(火)まで
開催場所:伊勢丹新宿店 本館・メンズ館各会場
One-o-Five × OTOKOMAEジーンズは伊勢丹本館1F イセタンリーフにて販売中
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目14-1

Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

RELATED POST

BRAND

古着のリーバイス 501が“最高の逸品”に!?デニムの達人3名が仕掛ける「 One-o-Five(ワン オー ファイブ)」の魅力とは?

FASHION

一番使えるデニムの色は?ジーパンの色選びに迷ったらこれを買えば間違いなし!?

FASHION

2022年最新の夏ジーンズコーデを海外スナップから選り抜き!

FASHION

ジーパンコーデをシルエット別にサンプリング!メンズ王道の4型にフォーカス

FASHION

デニムパンツ コーデ特集!ジーンズだけでなくデニスラやヒッコリーにもフォーカスしたメンズの着こなしを紹介

FASHION

ブーツカットのパンツを旬顔にコーディネートするには?メンズの着こなし事例を紹介

GOODS

リーバイスが初めてファッション向けジーンズとして開発した「505」の魅力とは?

FASHION

薄色デニム/ジーンズ コーデ特集!春の着こなしに取り入れたいメンズスタイルにフォーカス

FASHION

ジーンズを取り入れた冬コーデで気をつけたいポイントとは?お手本にしたい着こなしも併せて紹介

NEWS

リーバイスとビームスの人気コラボ第3弾がついに登場!今作はワイドシルエットの3アイテム

FASHION

ワイドデニム コーデ メンズ特集!骨太なパンツを使った着こなしのコツやスタイリングの事例をまとめて紹介

FASHION

ジーンズ 秋コーデ特集!季節感を出すためのコツとおすすめの海外スナップ&アイテムを厳選紹介