“青”を効かせたメンズコーデ特集!イマ注目したいブルーはこの3種

Share

ブルー系カラーといえば「清潔感」に加えて、寒色ならではのシャープで冷静なイメージを与えることの出来る男のベーシックカラー。アパレルメーカーから展開されるアイテムもダークネイビーからペールブルーまで幅広く、選択肢の豊富さも魅力だ。今回は”ブルー(青)”にフォーカスして、イマ注目したいブルーと共に着こなし&アイテムをピックアップ!

スポンサーリンク

2020夏コーデに取り入れたい注目の青①「今年の大本命カラー!“クラシックブルー”で旬度たっぷりなメンズコーデに」

2019年の12月に米パントン社が発表した、2020年のトレンドカラーとなる「パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー」はクラシックブルー。シンプルな中にもエレガントなムードを漂わせる青の色合いが特徴だ。2020年の幕開けからセレブリティはそんなクラシックブルーを彷彿とさせるジャケットやドレスをまとってコレクション会場をまわっていた。新鮮で今年の本命である青コーデを楽しむなら、クラシックブルーを取り入れるのがオススメだ。

落ち着きのあるブルーながら、ネイビーほどダークトーンではない絶妙な按配が魅力のクラシックブルー。メンズコーデにも馴染みやすい使い勝手の良さも大きな魅力のひとつだ。クラシックブルーに近い色味のスーツで大胆に取り入れるも良し、ネクタイでさりげなく取り入れてトレンドコンシャスなVゾーンにまとめるのもナイスだ。もちろん、カジュアルスタイルとの相性も良し。戦略的に取り入れれば、ノーブルな大人のムード漂うスタイリングを簡単に実現できる。

クラシックブルーを彷彿とさせるおすすめアイテム紹介!

LARDINI(ラルディーニ)

多彩な素材や仕立てのアプローチでトレンドコンシャスな名品を生み出すラルディーニ。ほどよい軽快感を足したような色味のネイビースーツも見事な仕上がりだ。タイドアップスタイルはもちろん、インナーにカットソーを取り入れてハズしたカジュアルスタイルも簡単にキマる。

詳細・購入はこちら

Drake’s(ドレイクス) ソリッドタイ

剣幅、素材、色味など、それぞれ異なるバリエーションのネクタイを多く展開しているドレイクスから、クラシックブルーを彷彿とさせるような落ち着きのあるソリッドタイを発見。英国らしい重厚感のある生地のため、深いディンプルを作って表情のあるVゾーンを楽しめる。

詳細・購入はこちら

2/3GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ