本切羽は良いスーツの証なのか?【ジャケット袖口ボタンの真実】

スーツ本切羽イタリア南部の特徴

スーツやジャケットを購入する際に「本切羽(本開き)」にこだわる男性は多いのではないでしょうか。「このジャケットいいんだけど本切羽じゃないからなあ..」なんて悩んだ経験はありませんか?しかしこの本切羽、本当に万人がこだわるべきポイントなのでしょうか?今回は日本人男性を悩ませる「本切羽」の話題を中心にスーツの袖口について掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク

袖口ボタンの起源とは?

本切羽ナポレオンのロシア遠征が起源Painting by Adolph Northen/Wiki Commons.

スーツやジャケットの袖口ボタン自体の起源はナポレオン軍の制服にあると言われています。ナポレオン率いる軍の兵隊がロシア侵攻の際に、あまりの寒さに袖口で鼻水をぬぐっていたことをナポレオンが良しとせず、その仕草をやめさせるために袖口にボタンをつけたという、納得できるようなできないような説がありますが真偽は不明です。

本切羽、本開きとは何か?

本切羽とはjamesbondlifestyle

袖口にボタンとボタンホールを備えた開閉可能な仕様を意味します。英語で一般的には「surgeon’s cuffs」と呼ばれますが、英国では「working sleeve buttons」アメリカでは「functional (functioning) sleeve buttons」と呼称されることもあります。逆にボタンホールが開いていないにも関わらず、かがりによってボタンホールあるように見せた仕様を「開き見せ」と呼びます。

本切羽の起源は外科医の腕まくり

本切羽の起源は外科医の手術

本切羽は「surgeon’s cuffs」という名からもわかる通り、外科医が手術や診療の際に腕まくりをしやすくするためのディテールとして誕生したと言われています。

本切羽は高級スーツの証なのか?

本切羽イタリアtailormadelondon

まことしやかに囁かれる「本切羽こそ高級スーツの証」という風潮について。

実は本切羽はスーツが誕生した当時には存在しなかったディテール。また現在でも英国スーツは本切羽ではなく開き見せ仕様も多いんです。イギリス高級スーツの代名詞とも言えるサヴィルロウのビスポークスーツ (オーダースーツ)であっても特に指定しなければ、ジャケットの袖口は本切羽ではなくボタンが閉じた状態の開き見せで仕上げるのがスタンダードだといいます。

「腕に自信を持ったイタリアはナポリの職人テーラーが自身の腕前を示すために」もしくは「ライバルであるイギリススーツとの差別化戦略のために」本切羽をアピールしたことから、イタリアの特にナポリびいきの男性の間では「本切羽=職人技術の証」「本切羽=高級スーツの証」という風潮が浸透、日本国内においてはイタリアのスーツスタイルの人気が高いので一般にも広がったというわけです。

本切羽は今や格安スーツにも備わることの多いディテールですので「本切羽だから偉い!」というのは本質を見誤ってしまうかもしれません。

多くのイタリア製ジャケットの袖口ボタンのすべてが本切羽になっていない理由

イタリア息子にジャケットやスーツを引き継ぐdailymail

クラシックなジャケットの袖口ボタンの数は4つと言われていますが、4つのうち袖口から近い3つのボタンのみが開閉できる仕様が最もスタンダードです。実はこれ、イタリアにおける上質なジャケットを子供に引き継ぐという風習に対応したディテール。子供が成長して自分よりも腕が長くなった場合に袖口を出した上で、袖口から最も遠い第4ボタンを取り外して第1ボタンとして装着しボタンホールを開ける際に都合が良いわけです。

本切羽のメリット

本切羽ボタンはずしmaninpink.co

本切羽の第一のメリットは、ボタンを1つか2つ開けることで「袖口に抜け感を演出できる」という点です。あえて袖口にスキを作ってこなれ感を出すというスーツ着こなしにおける上級テクニックですね。本切羽自体がどちらかと言えば南イタリアにおいて好かれるディテールなのでイタリアっぽさをさりげなく出したいという方におすすめです。本質的ではありませんが「本切羽=高級スーツ」と思いこんでいる人に向けて威張りが効くことも多少はメリットになるかもしれません。

007ボンド本切羽スーツbamfstyle

ちなみにスーツの着こなしのお手本となる007のボンドの着こなしをみていると本切羽のボタンをはずしているケース、はずしていないケース両方見受けられます。

本切羽ジャケット袖のロールアップasuitthatfits

本切羽の第二のメリットは上の画像のように「シャツごと袖をまくる着崩しがしやすい」という点です。ピッティウオモでよくみられる着こなしですが、本切羽の起源となった外科医を彷彿とさせる着こなしとも言えます。カジュアルなジャケパンスタイルに取り入れてみてはいかがでしょうか。やり方は非常にシンプルですが、下の動画がわかりやすいので念のため紹介しておきます。

本切羽の弱点から見るジャケットの選び方

本切羽は高級ではないthetrouserroom.co.nz

本切羽はボタンホールが空いているため袖口の大幅な長さ調整、特に袖を短くするのが困難です。袖口が直せないとなるとアームホールから直すしかないのですが、アームホールはスーツやジャケットの心臓と言っても良いデリケートな箇所。そんなアームホールに直しを入れるのは、失敗の可能性を大いにはらんだ大手術にふみきるようなものです。特に柄物ジャケットに下手な直しを入れてしまったりすると悲劇的な仕上がりになる危険も。価格的にもリスク的にも、あまり現実的ではありません。よって、本切羽の既製ジャケットは袖の大幅な直しが不要なある程度のジャストサイズでなければならないという点が弱点だといえるでしょう。それに対し、非・本切羽のジャケットやスーツは袖調整を柔軟に行うことができるのがメリットです。「既製服で本切羽を選択するならサイズ感が命、自分の体に合ったジャケットのブランドやモデルをとことん探す努力がより大切」といえるでしょう。

タリアトーレスーツ

タリアトーレ ネイビースーツ

ちなみに一定価格以上の既製スーツは、上の画像のように袖口にボタンがついていないしつけ糸による仮留め状態で販売されていることも多いので袖の長さを調整した上で、「本切羽」にも「開き見せ」にも好みに応じて仕上げることが可能です。また、スーツお直しの専門店であれば「開き見せ」のジャケットを本切羽に直すことも可能です。

いかがでしたか?起源や経緯を知ることで「それでもやっぱり本切羽にこだわる」「本切羽だけどあえてボタンは、はずさない」「あえて開き見せを選択する」など各々判断が分かれると思いますが、まさにこういった点もスーツ着こなしの醍醐味です。納得のいくスーツスタイルでキメるための参考になれば幸いです!

FOLLOW US

Related post