メンズ浴衣は意外と○○が良い?おすすめ柄や帯の締め方を紹介!

Share

2ページ以降を表示しています。

元のページを表示
スポンサーリンク

浴衣の柄は意外と○○なのがちょうどいい?脱コンサバな「ひでや工房」のメンズ浴衣で個性的な装いに

浴衣の柄や色を選ぶ際にコンサバを意識すると予想以上に地味な装いになりがちで、少し派手だったりユニークなデザインの方が意外とちょうどいいということも。そんなときにオススメしたいのが、ひでや工房が手がけるこちらの浴衣。手書きのようなタッチでジグザグ模様が描かれた生地にブリーチ加工を施したユニークなデザインで、色落ちした箇所の明るい色味が浴衣姿に絶妙なアクセントをプラスする。手の込んだ色加工をはじめ、通常の浴衣では難しい位置での柄の切り替えなど、ファッションにこだわりのある方にもオススメの一着だ。
価格:45,000円(税抜) 綿 100%

見る者を魅了する「ひでや工房」の巧みな色使いが光るグラデーション柄浴衣

その巧みな色使いで見る者を魅了するひでや工房の浴衣。上のブリーチ加工を施した浴衣とともにピックアップしたこちらのモデルも、他では見られないような色使いが光る一着だ。濃淡のあるブルーやグリーンなど合計6色で表現された美しいグラデーションが、華やかでありながら男らしい渋さも感じさせる。
価格:38,000円(税抜) 綿 100%

周りと差がつく「JUNKO KOSHINO」のメンズ浴衣は伝統的な和柄に迷彩柄をミックスしたデザイン性高めの一着

伝統的な和柄も良いけど、着用機会が限られているからこそ一風変わったデザインの浴衣で周りと差をつけたい、とお考えの方にオススメしたいのがこちら。ファッションデザイナーであるコシノジュンコ女史が自らデザインを手がけた浴衣は、伝統文様の市松柄に迷彩柄をミックスしたインパクト大の一着だ。ファッション性が高いため、昨今じわじわと注目を集めているサンダルを合わせたこなれ感あるコーディネートにもぴったり。こんなハイセンスな柄なら、日中に洋服感覚でタウンユースするのも◎
価格:38,000円(税抜) ポリエステル 100%

メンズでは珍しい白地に真っ赤なほおずき柄が配された「撫松庵」の浴衣で人目をさらう!

ブラックやグレー、ネイビーなどのベーシックな色味でシックな浴衣姿を演出するのも当然アリだが、白ベースの明るい浴衣も魅力的。たとえば呉服の名門ブランド撫松庵が提案する、白地にほおずきの柄があしらわれたこんな浴衣はいかがだろうか。もともとレディースで展開しているデザインを用いてメンズ向けに仕立てられたもので、真っ赤なほおずきの実が存在感バツグンだ。メンズ浴衣では珍しいデザインなので、夏祭りや盆踊りなどの人が多いシーンで目立つこと間違いなし!
価格:38,000円(税抜) ポリエステル 100% 伊勢丹新宿店限定

3/3GO TO NEXTPAGE
Follow us !

会員登録して
OTOKOMAEメールマガジンを受け取ろう

会員登録する

OTOKOMAE 公式 Instagram スナップ